防水工事

雨・雪などから建物や構造物を長期的に保護します

建物の防水工事について

防水工事の基本知識

建物の屋根や屋上は建物の中でも常に太陽光や紫外線、雨など過酷な条件下におかれており、熱・酸・アルカリなどの科学的要因で建物の劣化を早め、漏水・雨漏りになると、建物の躯体にも大きなダメージを与えてしまいます。
そうならないために、水を防ぐ防水層をつくる工事を防水工事といい、施工する部分や資材の種類とその組み合わせによって様々な工法があります。
防水工事は見た目の良し悪しで判断されてしまいがちですが、雨水等はわずかな隙間からも侵入してしまう為、一見して隠れてしまうような部分までも完璧に防水処理を施せるかが、防水工事に求められる重要な部分です。

防水工事について
  • 防水材の寿命

    一般的に防水材の標準的な耐久性能は10年~15年が最も多く、中には20年以上の耐久性の有する防水材もあります。

  • 改修時期について

    年数で10年~15年が目安となりますが、防水層が変色していたり亀裂が発生している場合は早急に改修をする必要があります。

  • 工法について

    建物の構造や形状・屋上防水の種類、使用用途によって適切な工法を判断する必要があります。様々な経験から最適な工法をご提案いたします。

  • 既設の防水層について

    基本的には既設の防水層の上から施工する絶縁工法が主流の為非撤去です。雨漏りの可能性を抑え、長期にわたり防水層を維持できます。

防水工事の工法
  • 防水工事密着工法

    密着工法

    下地に防水層を密着させる工法。屋上・屋内の防水に用いられ剛性の高い建築物に有効。

    メリット
    ・コストが安い ・工期が比較的早い
    デメリット
    密着している部分の下地の影響を受けるため、ひび割れや浮きが出てくる可能性がある。
  • 防水工事絶縁工法

    絶縁工法

    下地を防水層に密着させずに浮かす工法。下地の動きが大きいと予測される場合に用いる。

    メリット
    ・コストが安い ・工期が比較的早い ・防水層が長持ち
    デメリット
    軽歩行は問題ないが、基本的に荷重がかかるのは不可の為、歩行にはあまり適さない。
防水工事の種類

密着工法、絶縁工法の両工法には同じ下記の工事種類がございます。防水工事とは、建物や構造物を雨、雪、水、紫外線等から守り長期的に保護する工事。当社ではお客様の建物・構造に合い安心して長持ちができる工事を提案しております。お気軽にご相談ください。

  • 防水工事アスファルト防水工法

    アスファルト防水工法

    バーナーによる熱で下地と防水シートを溶着させる工法です。従来の熱アスファルト防水の短所である煙・匂いの危険性をおさえ、防水・防水施工性が良く信頼性のある防水工法で長期的に見ても安定性のある施工法です。
  • 防水工事ウレタン塗膜防水工法

    ウレタン塗膜防水工法

    防水層が軽量で、建築物に負担をかけない点、複雑な収まりでも塗膜が容易に対応でき、継ぎ目のないシームレスな防水層を形成できます。定期的なトップコートの塗り替えをすることで、紫外線劣化から長期にわたり防ぎます。
  • 塩ビシート防水工法

    塩ビシート防水工法

    仕上がりが美しく、ゴムシート防水に比べて優れた耐久性があるので、長期にわたって施工時の鮮やかな色の状態を保ちます。防水シート間のジョイントは、薬品か熱で溶かして一体化させる処理をおこなうので、長期間にわたり優れた耐久性を保ちます。
止水工事にも対応

止水工事にも対応いたします

建物で漏水している箇所を補修し漏れを止める止水工事。建築時におこなわれる防水工事とは違い、水漏れが発生してからの対応になりますので原因の特定とその対処方法には高いレベルでの技術と経験が必要とされます。
例えば建物の地下構造物より侵入してくる水に関しては、構造物の位置が低い分、地下水圧がかかってくるために単純な止水工事だけでは対応しきれません。
このような専門の技術と知識、経験がなければ難しい工事に関しても対応可能です。

CONTACT

建物の診断・改修工事等、ご検討の際はお気軽にご連絡ください