スギテックについて

私たちは建物診断・改修のプロフェッショナルです

再生・新たな価値の創造

真に豊かな社会環境のために

かつての高度成長期の大量生産・消費のいわゆる消費サイクルの時代は終わり、不況の時代を迎えている現代社会では良い物を長く使っていくという考え方が資源面、環境面からみても一般的になっています。ヨーロッパ、特にドイツでは新築の建物よりも古い建物の方が価値があると見なされており、古いものを長く大切に使うという文化が確立されています。
我々はスクラップアンドビルドのように、まだ使える物もリセットしてしまう日本特有の「古いもの=良くないもの」という考えを無くし、消費サイクル時代の効率重視から生まれた負の遺産を排除、既存の建物を美しく「再生」し末永く利用していけるサスティナブルな運用のお手伝いをいたします。
適切な維持保全をおこない資産価値の向上を ライフサイクルコストを考える

建物の一生にかかる費用のことをライフサイクルコスト(LCC)と言います。
LCCに占める建設費の割合は、氷山の一角のようなもので全体の実に25%程度にすぎません。建物の良し悪しが決まるのは、建設時の機能性や経済性だけではなく、建物のライフサイクル全体を考えた上での運用や維持保全の利便性、経済性と共に考えることが大変重要です。

建物が長期に渡りその価値を発揮し続けるには、老朽化などの程度を的確に診断し、建物の機能を維持するために最適な手当てを行うことが大切です。建物のオーナー様がライフサイクルを考慮し、将来を見据えた計画的な維持保全をおこなっていけば経年にともなう劣化や性能の陳腐化、それに伴う経済的価値の下落に対応できるだけでなく、リニューアルによりビルの価値を向上し、投資以上の価値を生むことも可能です。

スギテックの主な3つのサービスと独自の強み

我々はデューデリジェンスの中の1つである「物的調査」をおこない、建物の安全性と延命性を目的とし正確な調査診断結果を提供いたします。第三者的見解から建物状況を調査して報告するものであり、建物を移籍する場合など短期、長期の修繕計画を提案するための判断材料をエンジニアリングレポートとして提出します。

  • 非破壊検査

    非破壊検査

    赤外線劣化診断をはじめ、専用のカメラを用いた診断など建物を破壊することなく迅速で正確な検査が可能です。

  • 建物保全改修

    建物保全改修

    建築物にはそれぞれ社会的な価値があります。その素晴らしい価値を末永く後世に残すことも我々の使命です。

  • 住環境改善

    住環境改善

    マイホームはもちろん、人が集まる施設など生活環境に密着した場所を、より快適な環境に変えることができます。

診断から改修までワンストップでご提供
診断~改修までワンストップにできる強み

我々は建物診断のプロフェッショナルであると同時に、改修工事のプロフェッショナルでもあります。診断だけをおこない、どう改修すればいいのかわからない、または改修できないので他所に任せる。。ということはいたしません。高い技術力を駆使した診断から改修工事まで一貫しておまかせください。

代 表 挨 拶

”スクラップアンドビルド”から”ストックアンドリノベーション”へ

「ライフサイクルコストを考え
建物を活かし続ける時代へ」

有限会社スギテック
代表取締役 杉山 達哉

日本は戦後高度経済成長の中、建築物のスクラップアンドビルドを繰り返してきました。
しかし、近年スクラップアンドビルドから地球環境保護・設備投資コスト削減という時代に大きく変わろうとしています。その時代変化に伴い補修、改修の需要が今まで以上に高まっています。

既存の建築物の補修・改修には調査・診断という業務が必要です。建物も人間と同じで、正確な調査・診断が無ければ寿命を延ばすことはできません。建築物の安全性・信頼性を調査する「建物診断」は、日本ではあまり馴染みのないサービスですが、我々スギテックはこうした社会背景の中、建築物の安全確保と建築物の高寿命化・環境保全を念頭に社会への貢献を自らの使命と任じて活動しています。

そのフィールドは、戸建住宅からマンション・ビルまで、あらゆる建築構造物に及び、これからさまざまな分野で高品質・高精度の調査・診断から正確な施工までを実現しています。また最近は建物管理コストを考え、省エネ効果を含む改修工事の提案にも力を入れています。 我々は今後もライフサイクルを考えるビルディングドクターとしてチャレンジし続けます。
CONTACT

建物の診断・改修工事等、ご検討の際はお気軽にご連絡ください

  • お気軽にご連絡・ご相談ください
  • メールでのお問い合わせ

    【本 社】〒615-0807 京都府京都市右京区西京極東大丸町34番地
    【京都オフィス】〒615-0055 京都府京都市右京区西院西田町94番地
    【東京オフィス】〒141-0031 東京都品川区西五反田2-12-15-409