OTHER SOLUTION

その他のソリューション

来たるべき大地震に備えて

南海トラフ領域では大局的に100~200年で繰り返し地震が起きていると仮定した場合、今後30年以内にマグニチュード8~9クラスの大地震が発生する確率は70%程度と言われています。確率が全てではありませんが、日が経つに連れてその確率は上がっていき、いつかは必ず起こりえます。

耐震補強のSRF工法は、そんな大地震に備え建物の揺れや倒壊から強力に守る、画期的な工法です。新幹線高架橋、鉄筋コンクリート造のビルやマンション、木造住宅、さらに天井・配管・設備の崩落防止から家具の転倒防止まで、SRF工法は単純明快に危険に対処し、十分な安全性を加えます。

SRF CONSTRUCTION METHOD

SRF工法

要を補強し揺れを制する!耐震補強の救世主「SRF工法」

SRFは別名「包帯補強」と呼ばれ、しなやかで切れないポリエステル製のベルトやシートを臭いのない専用接着剤でコンクリート構造物の柱や壁に張り付けて補強する工法です。

震度7クラスの揺れを数回加えても、倒壊しないだけでなく揺れも抑えることが振動台実験等で確認されています。建物の重量や固さ、バランス、間取りをほとんど変え居住者への影響も最小限で済みます。(財)日本建築防災協会からの技術評価も取得している工法です。

SRF工法の手順

SRF工法は別名「包帯補強」の名の通り、要となる建築物の柱に包帯を巻きつけるようにして施工します。

仕上材を撤去

1.仕上材の撤去

接着面を露出させるため、石膏ボードやクロスなどの仕上材を撤去。モルタル仕上げや、塗装仕上げの場合は表面に著しい劣化や浮きがなければそのまま施工可能です。

接着剤塗布

2.接着剤の塗布

塗布量は0.8kg/㎡以上とし、くし目ゴテで厚さ0.5mm程度になるよう均一に塗布。1回の塗布範囲は接着剤の可使時間内にベルト巻付けが完了する範囲とする。

SRF被膜材

3.SRF被膜材巻き付け

柱1周+1面に水平に巻付けた後、人力で弛みのないよう引張りながら1/4ずつずらし螺旋状にベルトを巻きつける。巻終わり部も柱1周+1面に水平に巻きつけ完了。

被膜材巻き付け

4.巻き付け後の仕上げ

耐火や耐衝撃などの要求性能や、施工後の保守管理の容易さに応じ適切な仕上げ工事を行う。

基準を超える大地震でも潰れない

SRF METHOD

SRF工法の工事は2~3人の人力でベルトを巻き付けたり、貼り付けたりしていく作業と、これに付帯する50cm~1mの範囲の養生、柱に接する建具の一部と仕上げの撤去等から構成されます。

大きな機材や特別な技能を必要としない作業がメインの為、他工法に比べても安価に済みます。都内マンションの例では、大手ゼネコンによって補強工事費が4億円と見積もられたのに対し、SRFメインの補強で数千万円で済むことが判明した事例もあります。

東日本大震災、熊本地震でも最小被害という事実

SRF METHOD

東日本大震災発生時には、関東北部から東北地方の震度6以上の地域に約60件のSRF工法の施工実績がありましたが、問題を生じた事例はなく「仕上げの被害もなかった」「揺れなかった」と好反響をいただいています。また、震度6以上が複数回襲った平成28年熊本地震でも、7件の実績全てで、部材の損傷を抑え、建物の使用継続を可能にすることが確認できました。

01さくら野百貨店

さくら野百貨店

さくら野百貨店では柱・壁のSRF工法の補強と若干のRC壁増設を行っていました。その甲斐あって3.11の震災では最小被害に留まり、仙台市内の百貨店で最も早くフルオープンすることができました。その直後の大きな余震でも、周囲のビルが大被害を受けていた中、問題なく営業を継続することができました。

02仙台駅前東洋ビル

仙台駅前東洋ビル

仙台駅前にある東洋ビルでは、SRF工法による柱補強と壁補強だけでIs値の基準値をクリアする補強を行っていました。補強前に起きた地震では壁・梁・柱に大きなひび割れが多数発生する被害を受けましたが、3.11の震災では、ほとんどひび割れを生じず、地震直後から使用継続することができました。

03仙台市郊外金物店

仙台市郊外の金物店

仙台市郊外の卸町にある金物店は、1階部分をSRFの工法で補強していました。この地域は地震で多数の建物が崩壊した激震地区でしたが、3.11の本震と度重なる余震の中でも営業を継続することができています。

04仙台市内マンション

仙台市内のマンション

Is値にはこだわらず、倒壊防止を目的にピロティ部分の柱をSRFの工法で補強。周囲の多くのマンションが廊下の壁に大きな亀裂を生じて崩落している中、ピロティはもとより上層階の被害もほとんどなく、住民の方々からご好評を頂きました。

技術を証明する多数の公的評価

SRF METHOD

SRF工法は、既存の壁や柱を補強する低コスト・短納期な耐震補強として、公的機関である日本建築防災協会の技術評価の取得をはじめ、土木研究センター審査証明、兵庫県知事賞など、その他多数の第三者機関による評定を受けている実績が多数あります。

日本建築防災協会技術評価

日本建築防災協会技術評価

技術評価依頼に基づき、その内容性能を満たす防災技術に対し評価される「建築物防災技術評価」を取得。

土木研究センター審査証明

土木研究センター審査証明

学識経験者及びセンター専門技術者による審査証明委員会の審査認定を受けた技術に付与される審査証明。

兵庫県知事賞

兵庫県知事賞受賞

優れた耐震工法が評価される ひょうご住宅耐震改修工法コンペ 共同住宅部門にて最優秀県知事賞を受賞。

CONTACT

お仕事のご依頼やお見積もりなどお気軽にご相談ください。

お電話はこちら 平日 9:00~18:00

京都本社

0120-278-856

東京支店

03-6277-2740