― ダイフレックス共催 下地補修概要&SKグラウトプラグ工法セミナー 当セミナーでは、ひび割れ補修に関する知識から、SKグラウト工法の詳細な解説まで余すことなくお伝えいたします。

SKグラウトプラグA工法(自動式低圧エポキシ樹脂注入工法)は、国土交通省大臣官房官庁営繕部監修の「公共建築改修工事標準仕様書:建築改修工事監理指針」や、UR都市機構の「保全工事共通仕様書」等に掲載されている自動式低圧エポキシ樹脂注入工法です。

下地を傷つけないノンカット工法なので、粉塵・騒音の発生もありません。
ひび割れ幅や注入状況に応じて注入材の追加・粘度切替えも容易に可能。
効率的で確実なひび割れ補修が可能です。

こちらの講習はCPD認定プログラムとなっており、CPD単位の取得が可能です。
是非この機会にご参加くださいませ。

― SKグラウトプラグ A工法の特長 ◆特長01
ひび割れ幅の大きさは一定でない為、グラウトプラグAを取り付けた個所に応じて注入材の粘度を変更して、容易に追加注入ができる。(超低粘度→低粘度→中粘度→高粘度)
◆特長02
DFポンプを使用することで、注入材の切り換えと補給(低粘度→中粘度→高粘度)が容易にでき、効率的で確実な注入ができる。
◆特長03
低圧・低速で連続注入する為、より確実な注入効果が得られる。
◆特長04
ひび割れ幅の大きさに応じた樹脂を追加注入し、圧力が掛かった状態で硬化させる為(圧力タンクに樹脂が溜まった状態)、ひび割れ内部に空隙なく樹脂を注入する事ができます。
◆特長05
圧力タンクに目盛りがある為、注入量と注入圧力の管理が容易にできます。
◆特長06
グラウトプラグAは、軽量(約15.5g)で、コンパクトです。
◆特長07
台座部分が熱可塑性樹脂である為、台座に熱をかける事により、現場の下地や場所に応じて台座の形状を変え取付けができます。

開催概要

セミナー名
【CPD認定】ダイフレックス ひび割れ補修工法 「SKグラウト工法」完全習得セミナー
開催日時
8月24日(木)10:00~12:00(開場 9:30)、14:00~16:00(開場 13:30)
場 所
有限会社スギテック 京都オフィス 1Fセミナールーム [地図]
〒615-0055 京都府京都市右京区西院西田町94番地
対 象
建設・土木業(調査・診断・改修等)に従事されている方
受講料
¥2,000(税込)
定 員
20名
CPD単位
2単位
主 催
有限会社スギテック
共 催
株式会社ダイフレックス
注意事項
・定員を超えるお申し込みを頂いただいた場合は先着順となります。
・プログラムは一部変更となる場合がございます。
・受講費は事前入金制とさせて頂いております。
 (振込先口座など詳細は別途メールにてご案内いたします)
・入金確認後に手続きが完了となります(フォームでの登録のみは仮申し込みになります)
・受講費のお振り込みは手続き完了後、受講日の3日前までにお願いいたします。
・受講費の領収書は当日会場にてお渡しいたします(請求書の事前発行はいたしかねます)。
・入金いただいた受講費は、参加/不参加に関わらず、払い戻し致しかねます。
・参加は申し込み者本人に限り、他人に貸与・譲渡することはできません。
・天候不順によるアクシデント等の事情により、直前に日程変更になる場合がございます(交通費の保証はいたしかねます)。

プログラム

10:00~10:50
(14:00~14:50)
開講・セッション①「下地補修概要」
・ひび割れについて
・浮きについて
・欠損について ...etc.

セッション②「ひび割れに関しての説明」
・すりこみについて
・注入について
・∪カットシーリングについて

セッション③「注入概要」
・注入工法の全体的な説明
・工法の特長
11:00~11:50
(15:00-15:50)
実地研修「SKグラウトプラグの製品説明」
・使用方法
・実践
・+α
※()カッコ内は午後の回の時間です。
※プログラムは予告なく変更される場合があります。
※時間は多少前後する場合がございます。

ダイフレックスひび割れ補修&SKグラウト工法セミナーのお申込み

? 予約お申込みはこちら

登壇者

株式会社ダイフレックス

重永 真志

株式会社ダイフレックス技術サービスチーム所属。下地補修に関して20年のベテランであり、特にひび割れ補修に関してのプロフェッショナル。数多くの現場での施工指導を始め、ひび割れの補修方法に関して管理者や施工店に対してレクチャーを行っている。

過去の開催レポート

地図・アクセス

ダイフレックスひび割れ補修&SKグラウト工法セミナーのお申込み

? 予約お申込みはこちら