INTERVIEW

企業や地域の問題解決だけでなく世界の変化へ繋がる

スギテック京都本社 診断・技術開発部リーダー

経 歴:大学卒業後、建築関連会社を経てスギテックへ入社。SINQAや赤外線カメラを使った現場での調査業務に携わり、現在は司令塔として本社の調査グループを束ねる。 

-SDGsを知ったきっかけと知った後の印象や感想

スギテックでSDGsに取り組むことになった際に知りました。目標達成のために掲げられた項目が多く、また世界的な課題解決のための目標となっており、全て実現し且つ「誰一人取りこぼさない」という目標を実現するためには各企業、各国の協力、個々人の意識改革が必要になると思います。

-企業がSDGsに取り組むことでどんなメリットがあると思いますか?

身近な所では環境保全と貧困の解消です。私達の日々の生活や生産活動などで、知らず知らずの内に環境に影響を与えていることが多くあります。昨今では皆さんも当たり前に行っている冷暖房機の温度設定や、ゴミの分別、自動車のアイドリングストップなどもそうですが、これらは全て環境への影響に配慮した環境保全にあたるものでSDGsにも繋がっています。また、コンビニ等で見かける募金も様々な目的で世界に寄付されており、当然これもSDGsに繋がります。企業としてSDGsに取り組むということは、まずは一人ひとりがこういった意識を持つきっかけになるということと、それを企業の一員として実行していく意識付けができるのがメリットではないかと思います。

-SDGsに取り組むにあたり現状で課題を感じていることは?

17項目のうち取り組む項目を決めたとしても、【これをしたら目標達成・ゴール】という具体的で明確な目標や数値を決めない限り、行動や意識は変わらないと思います。従業員全員の意識を合わせ、達成状況を可視化していくことが必要です。

他のスタッフインタビューを見る