INTERVIEW

個人の限界も企業が関わる事で大きな活動に繋がる

スギテック東京支店 工務部

経 歴:日本工業大学建築学科卒業後、建築設計施工会社を経てスギテックへ入社。現在、東京支店工務部にて赤外線カメラ等を使用した現場での調査に携わる。

-SDGsを知ったきっかけと知った後の印象や感想

字面としては見たことがありましたが、内容を知ったのは入社してからです。最初に見た時、定められた目標が達成出来れば良いなと思う反面、現状を考えるとなかなか難しいのでは無いかとも思いました。

-企業がSDGsに取り組むことでどんなメリットがあると思いますか?

一個人が出来る事は限界があります。だからこそ企業という団体が関わる事でより大きな活動に繋がるのではないでしょうか。今までSDGsを知らなかった人間も自らの会社等を通じて知る事で、意識的に取り組む傾向を高められると思います。

-SDGsに取り組むにあたり現状で課題を感じていることは?

私が課題と感じているのは知名度の問題です。掲げられた目標を達成するためには、より多くの人々の協力が必要になります。しかし、入社前の私のように内容を知らない、もしくはSDGsという存在すら知らない人もまだまだ多いのでは無いでしょうか。意識を持って取り組めば出来るはずの事でも、知られていない状態では意味がありません。いかにSDGsというものを周知していくか、まず大切なのはそこでは無いかと思います。

他のスタッフインタビューを見る