ひび割れ抽出法

デジタル画像からひび割れを自動抽出

建物にこんな症状はありませんか?

◆壁に目視で確認できるひび割れがある。
◆内壁に雨漏りのシミがある。
◆内壁にカビの痕跡がある。
◆亀裂やシミがある(クロス張りの場合)
◆タイルの剥離(外壁がタイル張りの場合)

建物を長持ちさせるためにも、劣化の原因となる雨などが中に浸入しないように0.3mm程度のひび割れを目安に深さ5mm程度の欠損が発見されたら、メンテナンスのサインと考えてください。

クラックスケールでひび割れ幅の確認
カメラでの外壁調査撮影

ひび割れ抽出法(可視画像法)の
メリットと特徴

デジタルカメラにて撮影をした画像をもとに、ひび割れの自動抽出処理をおこないます。
従来では点検員による打診調査が一般的でしたがその場合点検員の技術レベルにより点検結果が異なるという点や、第三者から見た際にトレースしにくいというデメリットがありました。しかしこの可視画像を使った調査方法にすることで調査員個人の技術レベルは関係なく、客観的なデータが得られ画像も保存されていることにより、第三者でも結果をトレースできます。また、カメラでの撮影という非接触な調査方法から安全な場所での調査が可能です。

  • 精度と品質が安定します

    精度と品質の向上

    点検者の技術レベルに関係なく高い精度での検出が可能。また、第三者から見た際のトレースの難しさがない。
  • 自動処理ができ省力化に貢献

    自動での処理で省力化

    処理を自動化させることで、作業の大幅な省力化がはかれます。
  • 非接触調査により作業者の安全性を確保

    安全性の向上

    デジカメによる非接触の調査だから安全な場所から調査ができ、作業者の安全性を確保できます。
ひび割れ抽出に使用する検査機器
一眼レフカメラ
一眼レフカメラでの撮影画像を元に、専用ソフトでひび割れの抽出・解析をおこないます。現場ではカメラでの撮影のみの作業となり、足場の設営も必要なく安全な作業が可能です。
一眼レフカメラ
自動ひび割れ抽出システム クラヴェスアクティス

自動抽出システム
‐クラヴェスアクティス‐

撮影者の技術レベルに関係なく、撮影した画像からひび割れ部分を自動的に抽出できるシステムです。足場が不要な安全性と安定した品質を提供できるシステムです。

CONTACT

建物の診断・改修工事等、ご検討の際はお気軽にご連絡ください

  • お気軽にご連絡・ご相談ください
  • メールでのお問い合わせ

    【本 社】〒615-0807 京都府京都市右京区西京極東大丸町34番地
    【京都オフィス】〒615-0055 京都府京都市右京区西院西田町94番地
    【東京オフィス】〒141-0031 東京都品川区西五反田2-12-15-409