天井耐震診断

地震に備え適切な天井の耐震診断をおこないます

耐震診断のすすめ

なぜ天井の耐震診断が必要なのか?

構造躯体の耐震化がすすめられている中で、東日本大震災では多くの天井脱落被害が発生し、尊い命が奪われるという最悪の事態になり吊り天井の危険性が再認識されました。
私たちは改めて吊り天井の耐震性に問題があることを認識しなければいけません。今後は建物用途、規模に応じ非構造体である天井の耐震化が法令で義務付けられます。
国土交通省は「建築物における天井脱落対策試案」を発表し、大規模空間(体育館・劇場・商業施設・工場等)の天井耐震化を促進しています。これらに対応するために、まずは現在の状況を正しく把握することが大切なことです。

天井耐震診断が必要な建物は?

平成26年4月より建築基準施工令の改正、吊り天井に関する技術基準が制定されました。一見では損傷していないように見える天井でも天井裏においては技術基準施工令制定前の工法では、今後危惧されている地震が起こった際に落下事故に繋がる危険性は否定できません。
また、国土交通省平成20年告示第282号の通達により天井の耐震対策の状況の定期点検・報告が義務化されました。
※違反した建物の所有者、管理者は罰則の対象(100万円以下の罰金)となります。
平成25年8月に「大規模空間を持つ建築物の吊り天井の脱落対策」について以下の対象に対して通達もなされています。

天井耐震診断
天井耐震診断の対象となる建物
天井高6m超の部分が200㎡超ある空間。建築後に震度4以上の地震が観測されたもの
  • 大勢の人々が利用する建物

    ・ショッピングセンター ・映画館 ・コンサートホール

  • 災害時に機能維持したい建物

    ・体 育 館 ・公 民 館 ・病 院 ・消 防、警 察 署

  • 災害後も事業継続したい建物

    ・工 場 ・倉 庫 ・ビ ル ・データセンター

取るべき対策
1.天井面のゆがみや垂れ下がりの有無を目視等により点検する。
点検口から天井を目視し、クリップ等の天井材の外れ等が生じていないかの点検を実施する。
2.点検の結果、クリップ等の天井材の外れ等が発見され、天井の脱落の恐れがあると考えられる場合には、天井下の立入りを制限するなどの安全対策、所有の天井落下防止諸口等を実施。
天井耐震診断で不安・心配を安心に変えませんか?
  • 天井裏の劣化が心配

    すでに天井裏が
    壊れていないか心配…

  • 地震の際に天井が心配

    地震があった際に
    天井が落ちないか心配…

  • 耐震診断が気になるがどうすればいい

    天井耐震が気になるが
    どうすればいい?

JACCA※天井耐震診断士による天井診断をお薦めします!

JACCA天井耐震診断は国家資格(1級・2級建築士、1級建築施工管理技士、2級建築施工管理技士等)所得者が診断いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

※JACCAとは耐震天井施工を推進する国土交通省の許可団体です。耐震保証制度を運営し、組合員の天井施工を保証しています。全都道府県に施工業者の組合員を抱えており、組合員の施工を日本耐震天井施工組合が保証しています。
CONTACT

建物の診断・改修工事等、ご検討の際はお気軽にご連絡ください

  • お気軽にご連絡・ご相談ください
  • メールでのお問い合わせ

    【本 社】〒615-0807 京都府京都市右京区西京極東大丸町34番地
    【京都オフィス】〒615-0055 京都府京都市右京区西院西田町94番地
    【東京オフィス】〒141-0031 東京都品川区西五反田2-12-15-409