こんにちは。先週末で8月も終わり9月に入りましたが、朝晩と随分涼しく過ごしやすくなりました。ただ日光があたる日中は相変わらず危険な暑さなので十分気をつけていきましょう。

そして台風21号が気になるところですね。明日の午後から夕方にかけて京都の方にも接近してくるらしいのと、上陸の前段階から激しい雨が降ると言われています。かなり勢力が強いようなので明日は十分に警戒しておきましょう。

さて本日は人工知能を使った技術の話題。動画の編集制作にAIを用いて効率化を図るというもの。

誰でも簡単に動画作成「VIDEOBRAIN」

このサービスは誰にでも簡単に動画を作れること。専門的な知識やプロの動画制作用のソフトウェアなども不要なのが特徴。

パワーポイントなどでプレゼン資料を作ったことがある人であれば全く問題なく作れるそうで、下手をするとその経験すらなくても作れるほどに簡単ということです。

開発は動画サイトを運営するオープンエイト

AIエンジンがデータ分析しおすすめを提案

操作は写真や動画、テキスト文章などの動画を作るための素材をソフトウェアの画面から入力していくと、そのデータをAIが分析。

100種類以上ある動画のフォーマットからおすすめを提案してくれます。動画や画像のサイズに関しては編集が可能で、テロップになるテキストも微調整ができます。

詳細は下の動画で一目瞭然です

シーン毎に最適なテロップをAIが判別

驚くべきは動画の説明文として入力したテキスト文章を、AIが映像ごとに内容を解析して自動的に割り振ってその場面に合うテロップにしてくれるところ。映像の内容に合うテキストを判別するのはAIならではの凄さですね。

勿論、全て自動でやる以外にも自動的に配置されたもので気に入らない部分があれば、自分で修正することができるようになっているそうです。

動画の制作にかかる時間は最短で3分。通常であれば専用のソフトを使用し動画素材を編集するという作業で、1分あまりの動画を制作するのにも1日以上かかるのが普通です。いかに効率化できているかが分かりますね。

このサービスですが、月額料金15万円で1ヶ月に最大で20本の動画を制作できるようです。高額なソフトウェアと制作にかかる時間を考えると、毎月動画を沢山制作・配信する現場であれば決して高い料金ではないでしょう。

まとめ

クリエイティブな現場では、さすがに人の作る高いクオリティものを超えるものを作るのはまだまだ難しいと思いますし、おそらく全てはAIでは限界があるでしょう。

しかし、ある一定のクオリティのものが素早く作れるようになったりすると、媒体や用途によってはこれほど楽なものはありません。

これで動画の編集作業にもAIが入ってきました。同じようなサービスはまだありませんが、動画だけに限らずこれからこういったサービスは増えてくると思われます。