こんにちは。梅雨らしくここのところ雨の日が続きますね。一昨日の地震の影響で地盤が緩くなっている所が多くあると考えられます。

お出かけの際は、土砂崩れなどへの警戒は忘れずに。また、まだ余震も続いている状況なので油断せずに、何かあればすぐに行動できるように意識しておきましょう。

さて、本日は建設業界とは関係ないですが、便利なアプリをご紹介するシリーズ。人工知能が一人ひとりの食生活のサポートをおこなうという、便利な人工知能アシスタントアプリのご紹介です。

色々な提案をしつつ健康的な食生活をサポート

アプリの内容は、人工知能アシスタントのアプリが1つに、食生活サポートアプリとして、それぞれ「普段の生活が忙しい方向け」や、「コンビニや外食ばかりになってしまう人向け」のもの、「家で自炊をする人向け」のものなど、全部で3種類のものがあります。

膨大な数のレシピを検索して見ることができるものは数多くありますが、管理するのは自分です。そんな面倒くさい管理は人工知能に任せて最適化しよう、というのが今回ご紹介するアプリ。

人工知能が個人の好みや生活スタイルなどを学習し、最適なものを提案してくれるのは楽でいいですね。それでは、それぞれのアプリを紹介していきます。

1.人工知能アシスタント「CALNA(カルナ)」


出典:CALNA

このアプリは、対話型の人工知能アプリです。人工知能が会話を通じ一人ひとりのライフスタイル、趣味嗜好などを学習して、そこから最適な食事の提案やアドバイスをしてくれます。


出典:CALNA

これからの体型で悩むことなく、自然に自分に1番いい生活を送るための「食生活のアシスタント」として開発されたそうで、このアプリは以下に紹介するアプリとも連携しており、「CALNA」で蓄積されたデータは、他のアプリでも使用されるということになります。

2.家にある食材と調味料からレシピを提案「Amarimo(アマリモ)」


出典:Amarimo

食材の余り物を使ったレシピなので「アマリモ」でしょうか。冷蔵庫などで余っている食材や調味料をアプリに登録するだけで、その食材と調味料のみを使用したおすすめレシピを提案してくれます。


出典:Amarimo

しかも悩む必要を無くすために、提案されるおすすめのレシピは3つに絞って提案されます。

従来のレシピアプリなどでは、大量に検索結果が出てきたり、関係のないレシピまで一緒になって出てくる事が多く、悩むだけというパターンが多いので、このやり方は悩むことなく調理にかかれるので良いですね。

3.外食中心の方に、減量を目指した生活改善をおこなう「NaniQuo(ナニクオ)」


出典:NaniQuo

忙しい人はコンビニや外食に頼りがちです。しかしこのアプリがあることで、健康的な食生活やダイエットを目指せます。

人口知能は大手飲食店のデータから身近なコンビニなどのデータまでを保持しており、お店で食べることができる減量メニューや、コンビニで買える減量メニューを作成してくれます。


出典:NaniQuo

個人の基礎代謝を把握していますので、1日の目安の摂取カロリー内で減量メニューの提案を受けられます。

よくコンビニや外食ばかりだと健康に良くない、とは言いますが、それはあくまで偏ったものを食べているからであり、ダイエットをしている3万人のデータを持つ人工知能が、今日はこのメニューを食べるといいよ、と提案してくれた物を食べれば良いので安心です。

4.自炊中心の方へ、自炊が簡単になる「RaCooK(ラクック)」


出典:Racook

こちらは完全に自炊の方向けのアプリとなります。作りたいメニューのレシピは、専用のレシピ特集などがあり、簡単に検索可能。買い物もアプリを見ながら、必要な食材を購入し、チェック機能もついているので買い忘れがありません。


出典:Racook

そしてこのアプリのポイントは、一度にまとめて調理する調理工程が基本となっており、効率的に多く作るレシピを提案してくれます。


出典:Racook

多く作り保存することを基本としていますので、賞味期限の管理機能が搭載されており、いちいちメモをしなくてもスマホ内で一目で分かる形に管理されます。

まとめ

それぞれのアプリには人工知能アシスタントCALNAが連携されており、個人に合った提案がどんどんと最適化されていくようになっているので、使っている人皆んな同じになることはありません。

毎日の食の管理はそれなりに大変なもので、多くの人はそんなに気を使えていないのが現状ではないでしょうか?そこを人工知能で最適化することで効率的に食事を取ることができるのは良いですね。

「1ヶ月に○キロ痩せたいから、それに最適なメニューを提案して欲しい」ということができるのは、ダイエットが中々続かなかった人でも続けやすくなるのではないでしょうか。

面倒なことは人工知能に任せるというのは、これからの時代のスタンダードですね。