こんにちは。建設業界でのVR活用が進んできています。よく話題に上がるのが現場の危険予知など安全教育や、建物の確認などです。

この度、東急建設さんの方から、建設業界の現場の仕事がどんなものなのか?をリアルに体験できるVRアプリが、無料リリースされたというニュースが出ていました。

ゲームなどのエンタメ系はともかく、こういった業界での無料アプリの提供というのは、今まであまりなかったので注目ですね。

新入社員の1日を疑似体験できるVR

コンセプトとしては「新入社員の1日」を体験できるということで、普段は目にすることが難しい囲いの中にある建設現場の様子や、1日の業務をポイントごとに疑似体験ができるようになっているようです。

この体験で、実際の業務に対しての理解を深めてもらうこと。それにより、建設業に興味を持ってもらい、業界を志す学生さんなどの人材獲得に繋がることを目指しておられます。

実際の画面はこんな感じです


出典:東急建設

体験者は新入社員として出勤。朝礼や打ち合わせに参加したり、測量業務などに参加。出勤から終業までの1日の流れに沿って進んでいき、実際の社員のコメントや解説も入り、仕事内容が確認できる作りになっています。


出典:東急建設

ただ単に現場の雰囲気を体験できる、というものではなく、学生さんや一般の方のように専門知識がない方にとっても分かりやすく体験できるように工夫がされています。


出典:東急建設

アプリの仕様

このVRアプリですが、基本的にはVRゴーグルがなくても360度の映像で体験ができますが、やはり真骨頂はVRゴーグルを付けての体験。

VRゴーグルは、今やスマートフォンに装着するタイプの物は、家電量販店などでもかなり安価に購入できますので、ご興味のある方はこれを期に試してみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

ちなみにこのアプリのダウンロードは以下のQRコードよりおこなえます。iOSの場合は、QRコードの他に、App Storeで「東急建設」検索するとダウンロードができるようです。


出典:東急建設

まだまだVRコンテンツを作れるのは資本力のある大手企業だけ、のようなイメージもありますが、最近では市販の360度カメラで画像や動画さえ撮影しておけば、それをVR動画へ変換できるソフトなどがありますので、以前よりも格段にこの分野には手を出しやすくなっています。

まだ現実にない建物を見たり、安全教育などで人が転落したり、上から鉄骨が落ちてきたり、などは現実に撮影できるものではないので、そこはCGが必要となりハードルは上がりますが、そのような状況を除けば実写でできることは比較的簡単に制作可能です。

今後はさらに容易に高品質な体験ができる環境が整ってくると思われます。