こんにちは。以前の記事でブルーイノベーション株式会社の「Elios」という、ちょっと変わった風貌のドローンを利用した屋内点検のドローンソリューションのご紹介をしました。

そのドローンを活用した屋内点検サービスが、昨日6月4日より正式にサービススタートとなったそうです。サービス名は「Biインスペクター」。本日はそのサービスはどんなものなのか?ご紹介したいと思います。


出典:ブルーイノベーション

Biインスペクターとは?

このサービスはドローンを屋内の点検に活用するというサービスですが、使用するドローン「Elios」に大きな特徴があります。前回の記事でご紹介しましたが、このドローンはコンパスエラーが出ません。

コンパスエラーとは、ドローンに搭載されている方角を示すコンパスセンサーが、電磁波や電波などの影響でエラーを起こし、ドローンが正確に方角を認識できなくなるというものです。ドローンが突如おかしな動きになって墜落したりするのは、このコンパスエラーからの暴走を原因とするものが多いです。

この恐怖のコンパスエラーが出ないというメリットは、このサービスを開始するにあたり最も重要なポイントだったのではないでしょうか。


出典:ブルーイノベーション

その他の特徴としては、ドローン自体がカーボンでできた球体のようなものに包まれており、特に狭い空間を調査する際に考えられる壁面などへの衝突に対しても安定した飛行ができます。

他にも最大28Wの強力なLED照明を装備しているなど、これによりこれまで点検が難しかった工場、プラント、トンネル、配管、そしてそれらの狭小空間、GPSの入らない環境などでも、安全で安定した飛行点検が可能となっています。

サービスの3つのメリット

1.従業員の安全性向上
危険な場所に立ち入る必要がなく、あらゆる環境で遠隔視覚点検が可能。

2.作業時間の大幅短縮
現場点検の準備に時間がかかることがなく、また点検作業は数時間で終了。これまでのように数日かける必要がありません。

3.圧倒的なコスト抑制
通常、目視点検をおこなう場合は、足場やロープ、クレーンなどが必要ですが、ドローンの場合はそれらは不要になりますので、コストを大幅に抑えることが可能。

ドローン「Elios」の3つの特長

1.安全な点検とコスト削減
工場内ボイラー、タンク、圧力容器、トンネル等の狭小空間に進入し点検をおこないます。安全な作業で、かつ作業時間の短縮、検査コストの削減を実現。

2.簡単な操縦で、誰でもすぐに操作可能
操縦経験の必要はなく、バッテリーを取り付けるだけで、衝突、損傷、負傷といった心配もなく、安全な飛行が可能です。

3.高解像度画像を実現するオールインワンソリューション
完全な暗闇の中でも最大で0.2mm/pxの画像を撮影できます。これまで点検が困難だった場所もLED照明とサーモカメラで点検が可能。

まとめ

これまでのドローン調査、特に狭小空間の調査に関しては、ドローンの接触の問題や電波の問題などがあり、なかなか実用には至らなかったことと思います。今回のブルーイノベーションの採用しているドローンでそれが可能になったということですね。


出典:ブルーイノベーション

やはりハード面が絶対的に信頼性があるものでなければ優れたシステムも宝の持ち腐れになります。

ちなみにブルーイノベーションと業務提携をしたドローン「Elios」の開発会社でもあるスイスのFLYABILITYという会社ですが、2018年のドローン業界ハードウェア部門のトップ企業に選ばれています。

海外にはドローンの最先端企業やドローンベンチャーなど、数多く存在し日本市場とは比べ物になりません。優れた技術を求めるには海外に目を向けるのも選択肢のひとつですね。