こんにちは。様々な業界で業務の効率化に利用されはじめ、日々ソリューションが生まれているドローンですが、土木現場などの3次元測量に関しては、空撮から撮影した写真の解析、そして3次元の点群データ化までが必要作業となります。

その一連の作業に、これまでは丸一日という時間がかかっていました。それでもドローンを使用しないやり方から考えると決して遅すぎるということはないとは思います。

が、この度コマツがそれを超える超効率化できるドローン新サービスを、自社のソリューション事業「スマートコンストラクション」において開始します。

新サービス「EverydayDrone」5月より開始

「EverydayDrone(エブリデイドローン)」と名付けられたこの新サービスは、自動運航をする「Explore1」という専用のドローンと、高速なデータ処理ができるGNSSベースステーション「EdgeBox」を用い、これまでの丸一日の作業時間を、たった30分で完了させてしまいます。


出典:コマツ

1日かかっていたものがたったの30分です。驚くべき圧倒的な省力化ですね。しかもドローンは自動運航になっているので、ドローン操縦士も必要ありません。放っておけば勝手にドローンが仕事をしているという感じですね。

1日→30分。何故こんなに早いのか?

何故今まで1日かかっていたものが、たったの30分程度で出来るようになったのか?

まず、使用するドローン「Explore1」で言うと離着陸も飛行ルートの設定が自動化されている点と、設置に時間のかかっていた「標定展」が不要になったという部分で、ドローンフライト準備が簡素化されている点。

そしてベースステーションの「EdgeBox」は、GNSSアンテナとリアルタイムキネマティックを利用し、自らの位置情報を取得出来るので、現場のどこにでも設置が可能。その他にハイスペックなGPUを搭載しているので、点群データの生成や不要物の除去などのデータ処理を高速にパワフルに行うことが出来ます。


出典:コマツ

また、たった1回の充電で12時間も使用が可能な高性能のバッテリーを装備している他、厳しい現場環境での使用にも耐えうる高耐久性を備えています。

生成されたデータはLANDLOGへ

このサービスは更に利便性の高さも見せています。EverydayDroneで生成された3D現況データは、以前に何度かご紹介した建設業用のプラットフォーム「LANDLOG」にアップロードされ、すぐに閲覧可能が状態となります。


出典:LANDLOG

自動でデータが上がってくるだけでなくクラウド上で可視化までされて確認できるようになる、これは便利です。さらにアプリにデータを転送することで、前回のデータと比較することもできるようになっています。

ここまで出来れば現場の日々の進捗管理も簡単におこなえますね。ちなみにこのサービスはコマツの他に、運用部分は株式会社ミライト・テクノロジーズが協業をおこないます。

まとめ

ここまで人の手作業を減らし効率化ができれば、現場もそれなりに状況が変わってくるかもしれません。ソフトウェアで本来実現したかった部分がハードウェアの進化が追いついてきた、もしくは導入できる環境になったことでグッと進化した印象です。

今後はさらに次世代通信の5Gも入ってきますし、実現できる技術はもっともっと増えるでしょう。

建物調査などもドローンが数分で建物を自動撮影・3次元モデルをクラウド上で作成し、図面の劣化情報データと合わせることで、劣化場所を視覚的に確認できる3次元モデルが瞬時に生成される。そんな技術もそう難しくなくなるかもしれません。