こんにちは。建設業の世界をスマートにする、というキャッチを掲げている建設×ITサービスの開発企業の「CONCORE’S(コンコアーズ)株式会社」。

以前にブログでご紹介した、2次元の平面図から3次元図面に自動変換するAIエンジン(aoz cloud)を開発された会社さんですが、aoz cloud以外にも業務改善、生産性向上を見込める便利なサービスがありますのでご紹介します。

建設土木の生産支援クラウド「Photoruction」

この「Photoruction(フォトラクション)」というサービスですが、建設現場を「見える化」し作業を改善・効率化するシステムとして多くの現場への導入実績があるサービスです。


出典:Photoruction(CONCORE’S)

建設や土木の現場で必要な写真や図面などのデータを効率的に管理し、施工管理や資料作成など現場業務の効率化を目的として作られたクラウドサービス。クラウドにあるプラットフォームへ情報を集めることで、同時進行中の複数のプロジェクトを一元管理することも可能です。

ちなみにこちらは専用のシステム・アプリをインストールして使うタイプのものではなく、webブラウザ上で動かせるようになっていますので、ネット環境のあるところであれば、専用端末関係なくどこでも使用可能。意外とそこの部分は使い勝手の点で大きいです。

具体的な機能・特長は以下

1.生産情報の一元管理。リアルタイム共有
図面、写真などの情報は、全てフォトラクションで一元管理することが可能。その情報はリアルタイムで関係者と共有されるので、伝達スピードも早くなり手戻りが防止。複数のプロジェクトも一括管理ができるので、工数の削減にも繋がります。


出典:Photoruction(CONCORE’S)

2.カンタン操作、ラクラク導入
「建設業の世界をスマートにする」という想いから、建設業に関連する方は誰でも使えるように、分かりやすさを追求したシステムになっています。大企業から個人、ゼネコンから検査会社まで、あらゆる規模・業種で導入されているのが証。


出典:Photoruction(CONCORE’S)

3.写真管理がシンプル
工事写真の撮影は豊富な機能のある電子小黒板を使用可能。あらかじめ黒板を作成しておいたり、位置情報から階や通り芯が判定されたり、現場での入力も簡単。撮影写真はアプリが自動的に整理してくれますので、わざわざ事務所で整理する必要が無くなります。


出典:Photoruction(CONCORE’S)

4.図面の山からサヨナラ
重たい図面データも高解像度で高速表示できます。図面には矢印や短形、文字などの他、メモ・写真・チェックリストなどの情報を付加できます。バージョン管理され、様々な状態の図面を瞬時に取り出すことが可能。


出典:Photoruction(CONCORE’S)

5.書類はクリックだけで簡単作成
工事写真台帳や、現場の野帳など写真や図面から簡単に作成ができます。作成した書類は後から編集したりExcel・PDFなどで出力することも可能。書類の作成時間を大幅に削減します。


出典:Photoruction(CONCORE’S)

現場に対して写真や図面、その他の情報が一元して確認できる他、図面への写真の紐付けや写真の自動整理、写真台帳の作成など、その多様な利便性で建設・土木業界のみならず、デザイン設計、外資系不動産、研究機関など、多様な現場で活用されているそうです。

まとめ

こういった感じのアプリやシステムはこれまでにも存在していましたが、このフォトラクションが多く選ばれる理由としては、やはり専用のアプリ・ソフトなどがいらない、webブラウザで動かせる手軽さが評価を受けているようです。

確かに専用のアプリとなると、アプリを入れる手間やバージョンアップの度に端末のOSに縛られてくる部分も出てきますので、それらに縛られないwebブラウザでの動作方式は使い勝手が良いですし、機能のアップデートの際もシステムをインストールをするという行為がありません。

webサーバー上で機能追加などのアップデートをするので、アクセスして使うだけで良いというのはユーザー側にはメリットが多いので今後のシステムで増えてきそうですね。