こんにちは。土木・建設業界ではMicrosoftのMRデバイスである「HoloLens」でのソリューションが次々と開発されてきています。図面などの資料を現場に持ち込むことなく、実寸で現場と照らし合わせながら確認できるのはかつて無い便利さと言えるでしょう。

その技術は建物を建てる際の検討段階においても有効なものになります。本日はその新たなソリューションのリリースがありましたのでそちらをご紹介。

3Dモデルの設計デザインを複数人で確認・検討

HoloLensを用いた「ホロスケ」というソリューションですが、スマートフォンのアプリ開発などを手掛ける株式会社ハニカムラボと、CG・パース、設計などを手掛ける制作株式会社ストレートの共同開発によるものです。


出典:Microsoft

「ホロスケ」は3Dモデルを複数人でリアルタイムに確認することができ、そこで議論・検討・コスト削減などをおこなうことを目的とした技術。

目の前に建築模型があるような状態に

従来では、建築前の段階では建築模型を作成し、それを用いて様々な議論や検討をおこなうというのが一般的なフローです。テレビなどでもたまにそんなシーンを見たことがある方も多いと思います。

しかし、物理的に建築模型を作らなければいけない手間と時間がかかる他、置くためのスペースも必要となります。そこで、HoloLensとホロスケを使用することで3次元モデルで作成した建築モデルを、現実世界に立体的に映し出すことができるようになります。


出典:株式会社ストレート

これであれば、わざわざ模型を作る必要もなくなり、置くためのスペースもいらない他、モデルの細かい作り変えや拡大縮小、任意の断面の確認も自由自在。しかもできるのは3次元モデルの表現だけでなく、日照や温度、気流のシミュレーションもできるそうです。

ホロスケの主な機能

・複数人での3次元モデルの確認
・3次元モデルの移動
・3次元モデルの拡大縮小(テーブル上でのサイズから実寸の1/1スケールまで自由に変更可能)
・各フロア単位での確認
・断面の確認
・位置を特定するピンの付与。音声メモ
・日照/温度/気流シミュレーション
・天候シミュレーション


出典:株式会社ストレート


出典:株式会社ストレート

まとめ

今まではパソコンの画面の中でしか確認できなかった3次元データが、画面を抜け出し現実世界に持ってくることができる世界になりました。遠い昔にSFなどでしか見なかった世界がどんどんと実現してきていますね。

3次元モデルを確認している人の視線や見ている位置もマーカーとして表示・可視化されるそうなので、誰がどのポイントに対して議論しているのかも明らかです。建築模型ではこういったことはできませんし、日照や気流のシミュレーション、天候シミュレーションなどはやりようがありませんが、それが可能となり事前にこういったこと検討できるというのは大きなメリットです。

AR/VR・MR技術はどうしてもエンタメの方に注目がいってしまいますが、AIなどの技術と合わせて、AR/VR・MR技術も今までの働き方を確実に変えていくのは間違いないでしょう。