どこにでもある闇の世界…

本日はちょっと怖いお話を笑 こんな記事がございましたのでご紹介、ということでお話しさせていただきます。

17021000

建築業界では当然マンションなどの修繕・改修工事をおこなうことがあります。十数年に1回はマンション改修するのは皆様ご存知ですね。これはもう必ずやらないといけない。資産価値維持の為に住民の方は修繕積立費として支払っている訳ですから。

そしてその工事計画を進めていく中で必要なのが管理組合。これは住民の代表が管理組合を組織します。その管理組合がマンションの管理会社や設計コンサルタントと、まずは工事監理などの契約をおこなうわけですが…

管理会社「うちは工事監理費用は安いですよ~」

組合「お!本当だ!この値段なら良いじゃないか」

管理会社「では契約書にサインを」

組合「はい。ではよろしくお願いします」

安いのは勿論良い事ですが、それに飛びつくことで後々に大変なことになる可能性があるようです。

何が大変か?下の構造を見てください。俯瞰してみるとマンションの改修工事に至るまでは大体このような関係性で成り立っています。

17021003

そうです。談合です。 

記事によるとこのような形の取引をしている業者も存在するという事で、あくまで例として心に留めておいてください。

自分たちの談合ワールドに引き込んでリベート分を引き上げた見積もりを出している訳ですね。

結局工事を受ける側としては立場が弱いので、まだまだこういった事例が横行しているということです。まさに闇ですね。そしてそれを管理組合側は知る由もないのが現状でしょう…当然その値段に疑問を持たずに発注、という流れになるのです。

これを防ぐには値段に惑わされず、キチンとした適切な監理をおこなう管理会社、コンサル会社を選定する努力が必要です。工事の知識もないしとりあえず安いし投げっぱなし…では危険ということになります。

そのせいでコツコツ払ってきた住民の修繕費が食いつぶされるのはおろか、修繕費の負担が増えるような事態になると住民がどうなるかは容易に想像できます。

とは言え、工事に詳しくない人でなければどうしようもないという所もあります。そこに隙があるからこそこういった事例は無くならないのでしょうから。

17021001

ここでは敢えて触れませんが、このお話に関してはこの限りではなく様々なパターンが存在するようです。最近では国交省もこの事を問題として受け止めており対策を検討しているようです。

グレーゾーンが多いのですぐになんとかできたりするものではないかもしれませんが、公平な取引ができるよう早急に根絶に向けての対策を進めていただきたいと切に願いました記事でした。

参考記事:週間ダイヤモンド

お知らせ

近々ですがスギテックHPの管理サーバーの移行をおこないます。

ストレスのないサイト表示の高速化と、全てのページをSSL通信にする「常時SSL」にします。Googleでは全てのウェブサイトに対しこの常時SSLを標準にするよう勧めております。

もう数年もしない内に常時SSL必須になるのはまず間違いないので、いち早く対応を済ませておきたいという所でもございます。

移行の際は時間帯により、ホームページの表示ができなくなる場合がございますので予めご了承くださいませ。

 

そして、もう一つ

先日もお話しておりました、スギテックの赤外線調査チームのページが完成しウェブ上に公開しております。

SUGITEC INFRARED SURVEY TEAM

 021003

スギテックホームページのトップページからもボタンがございますので是非ご覧ください。勿論スマホからも見れます。

スギテックのホームページがリニューアルされて1年以上が過ぎました。また2年目以降には再度リニューアルをかけ、さらに充実したものにしていきたいと考えておりますので、皆様今後ともよろしくお願い致します。