建物診断・改修以外にも…

17020300

建物診断・改修のプロフェッショナルのスギテックですが、こんなこともやっています。というところをちょこっとご紹介いたします。

よく完成前のマンションの広告などで、どんなイメージになるのかをCG(コンピュータグラフィック)で作成して再現しているのをよく見かけると思います。完成後のイメージで想像が膨らむ。やはりイメージって大事ですもんね。

スギテックは建築会社ではないのでマンションなどの建物をCG作成しているのではないのですが、例えば建物のエントランスの床タイルや内壁の変更、バルコニーの柵などを変更した場合の完成イメージをCG合成して作成する、ということもやっています。

例えばこんな感じになります
17020302

なんということでしょう!長年歴史を刻んできた同じ場所とは思えないシックな空間に大変身!

 

CG合成をおこなう場合にそれを作成する方法としては、画像編集ソフトで素材を合成させるか、こういった建物関係の合成専用ソフトを使用するかということになりますが、スギテックでは合成専用のソフトを使用せずに、直接合成素材を元の素材の写真に取り込みます。

当然それぞれにメリット・デメリットがあります

 

合成専用のソフトのメリットとしては

・誰でもある程度簡単な操作で作業できる。
・早い作業ができる。

デメリットとしては

・合成に若干違和感が出る

というところでしょうか?

17020304

合成専用ソフトの良い所は操作さえ覚えれば、誰でも簡単に作業ができるのがやはり最大の強みですね。例えば外壁のタイルを変更したければ、合成するタイル素材さえ登録すれば簡単に合成できます。なので作業も早い。

しかしデメリットである違和感が出るという部分がある意味一番厄介で、作業者側としては楽に早く作れるのは大歓迎なのですが、それを見ていただくのはお客さん。お客さんは成果物が大事ですからそのクオリティは当然気になります。特にご提案に使う物になれば尚更その目は厳しくなります。

合成専用ソフトは操作を簡易的にしている分できることが限られています。なので「ここの箇所のこの違和感のある所をなんとかしたい!もっと細かくいじれないのか?」というような部分に対応ができないことがあります。

 

一方で、画像編集ソフトでの合成のメリットは

・細かい部分まで自由自在に合成できる。
これが最大のメリットです。かゆい所に手が届くような編集が可能です。

デメリットはやはり、

・誰にでもすぐに容易にできるものではない。
・専用ソフトに比べると時間がかかる。

という部分です。

17020303

細かい所まで自由に手を加えられるのはかなり便利なもので、お客さんの「ここをもうちょっとこうして欲しい!」というような要望にも応えられるのは大きいです。とは言えある程度の操作知識と、制作に多少時間がかかる(この辺りは経験次第でしょうか)のはデメリットと言えるでしょう。

スギテックでは合成専用ソフトは使わず、画像編集ソフトにて自由度の高い合成をおこない、柔軟にご対応させていただいております。家屋の色を変えたいと思っているんだけど、どんなイメージなるのか見てみたい!

庭に芝生を生やしたいんだけど芝生のあるイメージが見たい!建物の外壁や内装タイルをこれにしようと思っているんだけど完成イメージが見たい!などなど

様々な要求にお応えできますので、ご興味のある方は是非お問い合わせくださいませ。