昨年から始まった国土交通省の取り組み

国土交通省では2016年を生産性革命の元年とし、現場の情報化を前提にした「i-construction(アイコンストラクション)」の導入を発表しています。国土交通省I-Constructionの紹介ページ

17011103
参照:国土交通省 i-Constructionの推進資料

以前の記事でもご紹介したKOMATSUのICTソリューションのスマートコンストラクションも、このi-construstionに該当する技術ですね。

i-constructonとは?

簡単に言うと建設現場などの生産性向上に向けて設計から施工・管理にいたる、あらゆる流れにおいて情報化を前提とした見直しをおこない、生産性を上げることを目的とした施策です。

建築現場などにIT技術を組み込み効率化を図ることで、業界で働く人が作業の省力化により楽に働けるように、そして待遇面の向上や人材不足の補てん促進までが目的です。

17011101

働く人一人ひとりの生産性を向上させることで、企業の経営環境も改善されるという素晴らしい施策ですね。業界での仕事内容は少し違いますが、まさにスギテックも目指している方向性そのものです。

これまでも3次元データなどの活用環境は進化してきましたが、今年から業界では益々の拡大をみせてくる事になりそうです。i-Construction対応の業務や工事の発注数もさらに増加してくると思われます。

業界の先を見据えた取り組みを

これまでの業界ではなかなか実現が難しかった部分においても、ようやく実現可能なまでに技術が発達しているということでまさに革命。しかし昨年からようやく始まった取り組み段階のものなので義務化されているものでもなく、すぐに業界全体が変わるという事は勿論あり得ません。

17011102

ですが、国土交通省が業界全体の発展とそこで働く人のことを考え本腰を入れて取り組んできているというのが大事で、緩やかにでも間違いなく浸透してくるであろうi-Constructionという波。

スギテックでは数年前から情報の可視化と作業の効率化を目指してSINQAシステムを開発したように、これからの波の中でも常に先を見据えた取り組みをおこなっていきます。