都市伝説!?つけっぱなし節約法

16081202

日本ではお盆に差し掛かりますが相変わらず暑い日が続きますね。屋内にいても熱中症になる恐れがあるので、夏のエアコンは必須の家電ですが、気になるのが電気代。

環境省によると夏の場合エアコンの設定温度を1℃上げるだけで、約13%の消費電力削減になるようで、推奨設定温度は28℃。

体感的にも暑すぎず寒すぎずで28℃を維持するのが最もエコな運転方法なのは、一般的な知識として根付いていると思います。

それにプラスして、ここ数年で「エアコンは24時間つけっぱなしにした方が電気代がお得」という都市伝説じゃないか!?というような情報も飛び出してきています。

実際に検証実験をした勇者がネットに

普通に考えて、エアコンのような電気を食う家電をつけっぱなしにするなんてとんでもない!という考えになりがちですが、その常識的な考えを覆すような検証結果が出ています。

 

こちらの方はオフィスで検証されたようで、出退勤時に電源ON/OFFをおこなっていた前年と比較して、つけっぱなしにしていた今年の方が電力使用量が-34.9%削減されていたということで、Twitterをはじめ、各ネットニュースでも話題になっています。

エアコン以外には照明とPC等しか使用していないようなので、まずエアコンの影響と考えて間違いないようです。

基本的にエアコンは設定温度(夏場だと28℃前後)を維持する為に必要な電力は少なく、電源起動時のフルパワーで設定温度まで冷やそうとする時が最も消費電力が多いので、電源を切らないほうが総合的に消費電力が少なく済むという理屈になるようです。

家電製品全般的に電源を付けたり消したりすると電気を食うとは言いますが、エアコンの場合は正にそれが顕著に現れるということでしょうか。それにしてもつけっぱなしは目からうろこです。。

 

スギマル
これは興味深い結果ですね。確かにパソコンなんかでも起動時の消費電力が一番大きいと言います。
スギヤマ
エアコンの場合は室温から設定温度にするまでに大きな電力を消費する。ということは、より温度変化が少ない状況の方が電力消費も小さくなるということだな。部屋が暑くなってから運転するのではなく、比較的温度の低い朝の内に運転しておけばその分、部屋を冷やすのも早く済むから賢いやり方かもしれない。
スギマル
暑くなる程に、冷やす為の電力消費が大きくなるってことですもんね。よく寝るときにタイマーセットするけど暑くなって起きて、またエアコンを付けるっていうのは、実はすごく勿体無い事をしてたってことになりますね…
スギヤマ
それ、オレもだ…とにかく、さすがに24時間ワンシーズンつけっぱなしにするっていうのは勇気がいるかもしれないが、少し外出するからエアコンを切る、というようにこまめにON/OFFするよりも、ある程度長い時間部屋を空ける場合を除いては、つけたままの方が実は節約になるという事で参考にできるな。

 

注記)こちらの件に関しては、どんな状況でもつけっぱなしにすればいいと一概には言えません。あくまで参考ということで御覧ください。

 

少し宣伝

スギテックもスポンサーをさせていただいております、京都サンガF.C.の西京極のホームゲームで配布される協賛うちわが完成しました。スギテックはホームスタジアムにも近いので、気になる方はお気軽にご相談ください。会社前にはサンガの支援自動販売機もありますよ。

16081201