こんにちは。近年では様々な業界でドローンを活用したソリューションが生まれ、活用の場が拡がっています。ドローンの活用方法として一般的に思い浮かぶポピュラーなものにドローン配送があり、実際に国内でも事例が多くあります。

本日は、ドローン配送で多くの実績を持つ楽天グループと、日本郵便株式会社の合併会社である「JP楽天ロジスティクス株式会社(以下、JP楽天ロジスティクス)」が、高さ100mを超える超高層マンションで、ドローンを活用したオンデマンド配送の実証実験を行ったという話題をご紹介します。(オンデマンド配送とは、即時配達という意味があります)

千葉県市川市物流施設から市内超高層マンションへ配送

このJP楽天ロジスティクスの取り組みは、都市部でドローン配送の実現を目指す取り組みの一環として、昨年21年の12月1日~16日の2週間に渡ってオンデマンド配送の実証が行われました。

実証では、JP楽天ロジスティクスとCIRC社で共同開発された最大積載量が7kgのドローンが使用され、千葉市内の超高層マンション「THE 幕張 BAYFRONT TOWER  & RESIDENCE」の住民がユーザーとなり、専用のサイトから注文した救急箱や医薬品、非常食といった物資を、市川市の物流施設「プロロジスパーク市川3」から、マンション屋上のヘリポートまで配送しています。


出典:楽天グループ

物流施設からマンション屋上までのルートは、東京湾の海上や公道の上空を含んでおり、片道で約12kmもの距離だったそうです。


出典:楽天グループ

ちなみに都市部で超高層マンション向けにドローンでのオンデマンド配送を行ったのは、この実証実験が国内で初とのこと。JP楽天ロジスティクスは、今後も今回の実証実験での知見を生かして、ドローン配送サービスの実現に向け取り組んでいくとしています。

ドローン配送が一般的に実用化されるのは、法的な面や技術的な面での課題が少なくない状況ではあるので、まだ時間は掛かりそうな印象はありますが、様々な場面での実証で知見が蓄積されることで着実に進んでいると言えます。

 


□楽天グループ株式会社
JP楽天ロジスティクス、都市部の超高層マンションに向けたドローンによるオンデマンド配送に国内で初めて成功
リリース記事:https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2022/0111_02.html