記事のポイント

・株式会社アイ・ロボティクス(以下、アイ・ロボティクス)、日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)、日鉄テックスエンジ株式会社(以下、日鉄テックスエンジ)ら3社が、ドローン壁面補修ソリューションを開発。実用化に向けた実証が行われた。

・この「ドローン壁面補修ソリューション」は、壁面塗装補修を行うものである。これまでドローンの壁面近傍での高精度な制御は困難なために実運用化されていなかったが、今回その課題の解決方法を踏まえた新しい工法での確認の実証実験となる。

ドローンと外壁吸着ロボット等を組み合わせた外壁塗装ソリューション

日本国内では、高度経済成長期に建設・整備されたプラントやインフラ設備において、設備の老朽化や人手不足によって整備作業負荷とコスト増大が顕在化していることから、DX化による「機会化・遠隔化・自動化」の推進が喫緊の課題となっている。

そのような課題に対し、アイ・ロボティクス、日本製鉄、日鉄テックスエンジの3社は、解決策のひとつとして「ドローン壁面補修ソリューション」を開発しているという。

壁面を補修するには壁面に近づく必要があるが、壁面近傍での高精度なドローン制御は困難であることから、従来の人力作業を代替えできるような壁面補修のソリューションは実運用化されていなかった。そして今回、実運用を進める上での以下の課題を抽出したという。


出典:日本製鉄

=====

課題1.高所かつ風影響下での高い位置精度確保(塗装機-壁面間の作業距離、移動速度の制御)
解決方法:外壁吸着ロボットを活用した作業距離の一定化および電動ウィンチでの速度一定化

課題2.ドローンと重心位置が異なる塗装機の支持、長時間作業における資機材の運用方案
解決方法:ドローンからの吊り下げ機構による塗装機の支持、地上からの有線供給による資材補給方案

課題3.仮設足場および養生シートが無い状況下での塗料飛散養生対策
通常のエアレス式塗装ガンに代わる低圧式塗装ガンの採用及びエアーカーテン等によるハード対策強化

=====

これら課題とその解決方法を踏まえた新しい工法の実証実験を行うことで、ドローンでの壁面塗装補修を可能とする位置精度の確保と、ドローンへの塗装機の据え付け及び資材補給方案、塗料飛散養生対策等に関する実用性が確認できたという。

尚、実証実験は日本製鉄構内にて行われた。以下、外壁吸着ロボットによる高圧洗浄、低圧式塗装ガンによる実証状況となる。ロボットはドローンによる吊り下げ機構で支持されている。


出典:日本製鉄

これまで人力に頼っていた高所作業等だが、さらなるDX化を推進することで設備保全の効率化およびコスト削減に繋げられ、国外の最新プラントに対する競争力を高めることも期待されているそうだ。

 


□日本製鉄株式会社
高所作業のDX化による新技術「ドローン壁面補修」の実運用化を推進~ドローンと外壁吸着ロボット等を組み合わせた外壁塗装ソリューション、日本製鉄構内での実証試験を実施~
リリース記事:https://www.nipponsteel.com/news/20211112_100.html

□この件に関するお問い合わせ
プレスに関するお問い合わせ
アイ・ロボティクス:TEL 03-4405-5041
日本製鉄 総務部広報センター:TEL 03-6867-2146
日鉄テックスエンジ 総務部広報グループ:TEL 03-6860-6612

技術分野に関するお問い合わせ
アイ・ロボティクス:TEL 03-4405-5041