記事のポイント

・東電設計株式会社(以下、東電設計)は、平成20年より販売している図面(2D/3D)、Excel、Word、PDF、HTML等に対応したマルチビューワ検索アプリの「NaviPortal」の最新版となる「NaviPortal2022」の販売を2021年10月26日より開始した。

・新バージョンでは、新たに開発された3次元ビューアが搭載される。この新ビューアによって特定CADベンダーへの依存なく、BIM/CIMの3次元データや属性データを業務に活用することが可能となる。

BIM/CIMデータの活用によるワークスタイル変革、建設業界のDXを推進

東電設計は、平成20年より販売している「NaviPortal」の最新バージョンとなる「NaviPortal 2022」の販売を開始した。最新バージョンでは、新たに開発した3次元ビューアを搭載。この新ビューアでは、特定のCADベンダーに依存することなく、BIM/CIMで作成した3次元データや属性データを業務活用することができる。


出典:東電設計

国交省の推進しているi-Constructionは、深刻化する人手不足や感染症の流行を背景としてその取り組みは加速しており、今後は公共工事で企業間での3次元データの流通・普及が期待されている。一方で、民間事業者にもBIM/CIMが認知され、数年前から3次元データを維持管理に活用する活動が増加。長期間の運用となる維持管理の現場では特定のCADベンダーに依存しない3次元ビューアが望まれていたという。

また、膨大な設備のある現場では、
・情報が散財して整理されていない
・データ管理が属人的になっていることで目的の情報が入手しづらい
・ベテランの離職やリモートワーク化で「知っている人に聞く」「現地を見に行く」ということもやりづらくなっている

以上のような点から、環境変化に合わせた働き方が求められている。

NaviPortalでは、そのような「探す」「誰かに聞く」「現地に行く」という手間と時間を削減できる「検索」と「ビューア」をひとつにまとめたソフトとなっている。3次元データと様々な情報を結ぶことで、現地に行かずとも目的の情報に辿り着けるようになる他、現場の様々な文書と連携ができるため、情報探索にかかる手間や時間を大幅に削減可能だ。


出典:東電設計

今回開発された3次元ビューアについて見てみよう

最新バージョンに新たに開発・搭載された3次元ビューアの「TEPSCO Web3D Viewer」は、3次元データの流通・普及を目的として開発されているオープンファイル形式の「glTF」をいうファイル形式が採用されている。この「glTF」形式のファイルは、様々なソフトウェアで扱うことができるため、CADベンダーに依存しないデータ運用が可能だ。

また、大容量データをストレスなく表示するため、今回のビューアでは8分割した空間に3次元モデルの構成要素をファイル保存し、カメラに近づいた構成要素から順次画面に表示することで、早い表示とスムーズな操作を可能としている。


出典:東電設計

NaviPortal 2022の特長

この度販売が開始されるNaviPortal 2022は、3次元モデル表示に「TEPSCO Web 3D Viewer」を採用した製品となり、従来のものと比較した利便性向上点としては、

・CADベンダーに依存しない運用が可能
・点群データとの重ね合わせ表示(表示モード機能)
・ボタンメニューによる空間の呼び出し(ゾーン機能)


出典:東電設計

BIM/CIM 3次元データの流通と活用を加速する

建設各段階で作成された3次元データを、確実に後工程に引き渡すには3次元データを普段から使いこなせる環境を構築することが重要となる。東電設計は、NaviPortalでは、3次元データをwebブラウザで公開・共有することも可能なため、初期段階から発信者を中心に3次元データを活用することで、3次元データの普及拡大につながると考えているとのこと。


出典:東電設計

東電設計は設計・施工、維持管理に至るまで3次元データの利用を促進し、ユーザーの業務効率化のサポート、また導入の加速するBIM/CIMにおいて、3次元データを利用するユーザーの利便性を高め、3次元データの普及と建設業界のDXに貢献していくとしている。


□東電設計株式会社
BIM/CIM 対応 3 次元ビューアの開発と2D/3D/GIS 情報管理ソフトウェア「NaviPortalR2022」の販売開始
リリース記事:http://www.tepsco.co.jp/topics/topics_20211026.pdf

NaviPortal製品ページ
http://www.tepsco.co.jp/introduction/maintenance/naviportal/index.html

□NaviPortal 2022に関するお問い合わせ先
東電設計株式会社
広報室:長谷川、田中
TEL:03-6372-5692
E-Mail:msr-tanaka @ tepsco.co.jp