記事のポイント

・KDDI株式会社(以下、KDDI)、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)、株式会社ウェザーニューズ(以下、ウェザーニューズ)、TerraDrone株式会社(以下、テラドローン)、日本航空株式会社(以下、JAL)の5社が、2021年11月20日にドローンを活用したフードデリバリーの実証実験を実施する。

・この実証実験は、東京都の公募に対し提案を行った「東京都におけるドローン物流プラットフォーム社会実装プロジェクト」に基づいたものとなる。

レベル4飛行やアフターコロナの物流変革を見据えたビジネスモデルの検討

KDDI、JR東日本、ウェザーニューズ、テラドローン、JALの5社が、「東京都におけるドローン物流プラットフォーム社会実装プロジェクト」に基づき、フードデリバリーサービスの実証実験を2021年11月20日に実施すると発表した。


出典:JR東日本

物流分野では、ドローンを活用した業務自動化、省人化で業務効率化への期待が高まっている。2022年度を目途に制度整備が予定されるレベル4飛行(有人地帯における補助者なしの目視外飛行)を見据えた有人地帯での実証実験を都内にて行う。


出典:KDDI

実証内容は「未来をイメージできるエンターテインメント型フードデリバリー」をコンセプトに、ウォーターズ竹芝施設内で調理したメニューを、ドローンにて同広場および浜離宮恩賜庭園(浜離宮)の水上バス発着場まで運ぶものとなる。

具体的には、ウォーターズ竹芝のシアター棟4階テラスから同施設内広場までの飛行ルートを設定し、ドローンの自律飛行で料理を運びユーザーに食べていただくという輸送実験となる。浜離宮への輸送に関しては、テラスから約700m離れた浜離宮の水上バス発着場へ輸送する。海上を経由することで配送の時短を図り、料理を温かいまま届けられるサービスの実現を目指す。


出典:KDDI

実証での検証項目としては、配送スピードとエンターテインメント性の2点だ。料理を温かいまま届けられるかの配送スピードの部分と、ドローンで届けることでユーザーが待ち時間も楽しめるようなエンターテインメント性があるかという評価部分だ。


出典:ACSL

活用されるドローンは、株式会社自律制御システム研究所(ACSL)の「ACSL-PF2」。純国産のドローンで国内外での導入実績があり、これまでにも多くの物流実証を行ってきている機体となる。


出典:JR東日本

また、今後の展開として、KDDIとJR東日本東日本では、2020年12月より品川開発プロジェクトをコアとした「空間自在プロジェクト」を推進しているが、(品川開発プロジェクトとは、JR東日本が「100年先を見据えた心豊かなくらしづくり」を目指し、2024年度のまちびらきに向けて推進する事業)その品川開発プロジェクトでの実装も見据え、様々なパートナーと連携し、引き続きの実証を重ねていくとしている。

 


□KDDI株式会社
都内初、ドローンによる有人地帯でのフードデリバリーの実証実験をウォーターズ竹芝で11月20日に実施
リリース記事:https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2021/11/11/5526.html