記事のポイント

・凸版印刷株式会社(以下、凸版印刷)は、ドローン活用した屋内点検サービスを展開している株式会社Liberaware(以下、Liberaware)との資本業務提携契約を締結したと発表した。

・この提携により、凸版印刷の提供する各種センサーや空間計測技術、サービスオペレーションノウハウ等と、Liberawareのドローンを活用した屋内点検ソリューションを融合させた新事業創出を目指す。

凸版印刷とLiberawareが共同ソリューション開発に向け始動

凸版印刷とLiberawareが2021年8月に資本業務提携の締結を発表した。Liberawareは、ドローンを活用した屋内施設の点検や自動巡回など、屋外に比べて実装が困難な屋内型ドローン分野の技術とノウハウを確立している国内トッププレイヤーの1社だ。

また凸版印刷は、以前より部材供給や災害対応などドローンを活用した実証実験、サービス開発を行っている。この2社の提携により、凸版印刷の提供する各種センサーや空間計測技術、サービスオペレーションノウハウ等と、Liberawareの持つドローンでの屋内点検ソリューションを融合させた新たな事業の創出を目指す。


出典:凸版印刷

近年高まっている各業界での省人化・省力化の需要により、点検分野をはじめ物流分野や農業分野など、様々な分野でのドローン活用に注目が高まっている。また次世代のインフラとして大きな可能性を有する市場のため、ドローンの技術開発・社会実装はハード・ソフトの両面において全世界で注目されている。

2016年に設立されたLiberawareは、屋内点検分野に特化したソリューションを開発しており、屋外に比べ、空間や通信等で実装が難しいとされる屋内ドローン分野においてデバイス開発およびサービス提供を行っている。

また、凸版印刷は以前より、インフラ点検やVRコンテンツ制作などのドローンを活用したビジネスを展開しており、さらに取得したデータの利活用に関するノウハウも蓄積されている。

国内産業においては、部材・サービスを含め日本製ドローンサービスへの期待が高まる中、屋内点検分野でノウハウを持つLiberawareとの提携によって、凸版印刷の持つ技術のドローン分野でのさらなる研究・開発を加速させるとともに、2023年度までに両社で事業を立ち上げることを目指すとしている。

提携内容

・Liberawareの屋内型ドローンを利用した共同研究および共同開発
Liberawareの提供するドローンの「IBIS(アイビス)」は、屋外飛行用ドローンに比べて開発が難しい屋内飛行用ドローンで、狭小空間で飛行可能な小型かつ軽量な機体と制御ソフトが特徴となっている。


出典:凸版印刷

その優位性を活かし、凸版印刷がこれまでに実証実験を行ってきた屋内空間データのアーカイブやリッチ化などの設備保守・データ利活用分野を中心に共同研究・開発を行い、従来のサービスにドローン実装を行う。また将来的にLiberawareとのドローンを活用した共同サービスの展開を目指すとのことだ。

・凸版印刷のデータ管理ノウハウをLiberawareのサービスと連携
これまでBPO事業・セキュリティ事業等で培ってきた凸版印刷の持つ高セキュリティ環境下でのデータ管理ノウハウをLiberawareのサービスと連携し、屋内点検サービスでのオペレーション構築を行う。


出典:凸版印刷

今後両社は、双方の技術をかけ合わせた検証や共同研究・開発等によって、2023年度までにドローン分野における事業創出を目指して社会のさらなるDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進していくとしている。

 


□凸版印刷株式会社
凸版印刷とLiberaware、屋内でのドローン活用型ソリューション開発で協業
リリース記事:https://www.toppan.co.jp/news/2021/09/newsrelease210901_1.html