記事のポイント

・ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)は、イームズロボティクス株式会社(以下、イームズロボティクス)と株式会社ウフル(以下、ウフル)の協力で、高精度測位技術を活用したドローン物流の実用化に向け、和歌山県すさみ町で実証実験を行った。

・すさみ町の名産品である「すさみケンケン鰹」を水揚げした見老津漁港より約3km離れた「道の駅すさみ」まで自動航行のドローンで運搬することで、広域移動でも高精度に着陸可能なことが実証されたという。

漁港から道の駅まで約3kmを自動航行

ソフトバンクはイームズロボティクスとウフルの協力で、高精度測位技術を活用したドローン物流の実用化に向けた実証実験を2021年の8月31日、9月1日に和歌山件すさみ町で実施。実証実験ではすさみ町の名産品「すさみケンケン鰹」を見老津漁港から約3km離れた「道の駅すさみ」まで自動航行のドローンで運搬。広域の移動でも高精度に着陸が可能なことが実証された。


出典:ソフトバンク

イームズロボティクス製のドローンと、ソフトバンクの高精度測位サービスの「ichimill(イチミル)」を連携し、複数回航行したとのことで、いずれの回も事前設定したルートを自動航行し、誤差約6.5cmの精度(複数回航行結果の平均値)で着陸することができたという。


出典:ソフトバンク

さらに、実証実験では今後の実用化を見据え、オンライン決済のPayPayに対応したウフルのモバイルオーダーシステム「売り子ール」を使用し、消費者が「道の駅すさみ」内のレストランから自身のスマホで料理を注文することで、その内容が漁港の関係者とレストランのスタッフに届く仕組みを構築したという。


出典:ソフトバンク

このシステムによって漁港の関係者は水揚げしたばかりの新鮮な魚を注文に応じてドローンで運搬し、レストランは届いた鮮魚を調理し、消費者に提供することができる。


出典:ソフトバンク

すさみ町は実証実験の結果を踏まえ、観光客などに新鮮な魚を味わってもらえるようドローンによる鮮魚の運搬の実用化を目指すとともに、災害時の支援物資の配送や物流網に課題のある山間部の居住者への医薬品配送などでドローンの活用を検討する予定だという。

ソフトバンクは高精度測位サービス「ichimill」やドローンサービス「SoraSolution(ソラソリューション)」を活用しながら、様々な技術を持つ企業と連携することで、今後の規制緩和に向けた有人地帯での目視外航行や、補助者なしでの航行(レベル4)にも取り組む。

これによって都市部を含めた全国各地において、物流・点検・防災など幅広い分野でドローンを活用し、地域・産業の発展や社会課題解決を目指していくとしている。

 


□ソフトバンク株式会社
誤差数センチの精度で鮮魚を運搬するドローン物流の実証実験を実施
リリース記事:https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2021/20210901_01/