こんにちは。先日、BELCAが毎月発行している機関紙である「BELCA NEWS」の7月号に、弊社スギテックが紹介されました。

BELCAとは「公益社団法人ロングライフビル推進協会」のことで、平成元年の6月に建築及び建築設備の維持保全に関わる技術に関する総合的かつ体系的な調査や研究、及び開発を行うことと、その成果の普及を図ることによって、建築や建築設備の適切な維持保全を推進し、日本における良好な建築ストックの形成に寄与することを目的とし建設大臣の許可を受け設立された社団法人となります。

大手スーパーゼネコンを始め公益事業や金融・保険・建設・設備・メーカー・メンテナンス・診断など建築物に関わる様々な企業が会員となっており、スギテックでは令和2年1月1日より正式に正会員となりました。

この度、約1年半の活動してきた中、掲載の機会をいただきました。

主に弊社のソリューションを中心に掲載をしており、内容としては先日から何回かこのブログでもご紹介している「スマートタイルセイバー」の他、外壁調査をIT化するソリューションである「S-CLOUD」、このシステムに関しては弊社がこれまでご提供してきた「SINQA」の進化系とも言えるものとなっており、その革新的な機能等、今後詳しくご紹介をしていきたいと思っております。

そしてお馴染みのドローン外壁調査。DJIの最新型産業用ドローンであるMatrice300 RTKと、ペイロードにZenmuseシリーズを採用し、可視光、赤外線ともに信頼性の高い調査をご提供いたします。

今後も人工知能(AI)やIoT等のテクノロジーが発展し続け、建設業界においても最早それらが当たり前に導入されることは間違いありません。

スギテックでは日々の建築・構造物の調査診断等は勿論、そこから得られる知見をもとに、今回ご紹介させていただいたソリューションに続くサービスを生み出し続け、我が国の良好な建築ストックの形成に寄与していきます。


□スマートタイルセイバー・S-CLOUDに関するお問い合わせ
TEL:03-6894-4075
お問い合わせフォーム:https://www.sugitec.net/contact/index.html