記事のポイント

・株式会社竹中工務店(以下、竹中工務店)は、日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本アイ・ビー・エム)、マスプロ電工株式会社(以下、マスプロ電工)、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTTコミュニケーションズ)と、RFIDタグによる室内環境センシングシステムを共同開発した。

・このシステムは、RFIDタグと温度センサ等を組み合わせた環境センサを、アンテナの電波で起電させてデータ送受信し、効率的な室内環境データを収集できるものとなる。

RFIDタグによる室内環境センシングシステム

竹中工務店、日本アイ・ビー・エム、マスプロ電工、NTTコミュニケーションズの4社は、RFIDタグを用いた室内環境センシングシステムを共同開発した。(RFIDとは、電波を利用しRFIDタグやICカードのデータを読み込みしたり書き込んだりできる技術のこと)

竹中工務店:RFIDによる室内環境センシングシステムの立案・設計と実施
日本アイ・ビー・エム:RFIDシステムの構築
マスプロ電工:セミパッシブ方式の環境センサ
NTTコミュニケーションズ:通信ネットワークとデータ処理システムの構築

従来、センシングシステムには有線式が用いられることが一般的であるが、有線式の場合、配線の都合によりセンサの設置場所が壁や天井に限られるために、居住域内の快適性を確保するために必要な室内環境データを十分に収集することができなかったという。

そのような現状から、電波を利用した無線式のセンシングシステムの開発が進められているが、無線式センサの電源は電池を必要とする対応が主流であり、電池交換などの維持管理に手間がかかるのが現状となっている。

開発されたシステムでは、RFIDタグを電波によって起電することで、無線式ながら電池交換が不要になる室内環境センシングシステムとなっている。アンテナの電波が届く範囲においては複数データを同時に読み取ることが可能なことや、移動しているRFIDタグの読み取りも可能なことから、室内環境データや人の在不在データなどを効率的に収集することもできるという。


出典:竹中工務店

本システムの特徴

効率的に計測できる
センサの電池レス化が可能な無線式センシングシステムで、電波の範囲内であれば基本的にどこでもセンシングが可能RFIDタグの複数同時読取、移動しているRFIDタグの読取が可能RFIDタグと複数のセンサを組合せたマルチセンサの対応が可能

維持管理が容易
電波を電気エネルギーに変換し作動するので電池交換が不要

電波干渉を抑制
1台ずつアンテナを起動させるので電波干渉の抑制が可能

拡張性が高い
アンテナはデータ送信にも受信にも使用可能でシステム拡張が容易


出典:竹中工務店

①アンテナが電波(920MHz帯)を送信
②RFIDタグが電波を受信して、電気エネルギーに変換し環境センサが作動
③RFIDタグが電波でセンサデータを送信
④アンテナがセンサデータを受信

竹中工務店は3社と協力し、システムの展開を進め、収集したビッグデータを用いた新しい設備制御の在り方を創出し、さらなる省エネルギー性、快適性、知的生産性の向上に活用する。さらに人の在不在データから人流を把握し、昨今のコロナ禍において社会的ニーズとなりつつなる新しいワークプレイスの提案などと合わせ、持続可能な脱炭素社会、Society5.0の実現に寄与していくという。

 


□株式会社竹中工務店
RFIDタグによる室内環境センシングシステムを開発
リリース記事:https://www.takenaka.co.jp/news/2021/07/03/