記事のポイント

・株式会社オプティム(以下、オプティム)は、LiDARセンサーの搭載されたスマートフォンやタブレットを活用した、高精度な3次元データが取得できるアプリケーション「OPTiM Geo Scan」の提供を開始した。

・この「OPTiM Geo Scan」の開発では、九州最大級のゼネコンである松尾建設株式会社(以下、松尾建設)と共に建設業界の課題解決に取り組む「建設×IT 戦略的包括提携」の一環として開発されている。

1現場あたり月額27,000円~。既存の3D測量に比べ80%以上のコスト削減

AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティムは、LiDARセンサー付きのスマートフォン、タブレット等で土木構造物等の測量対象物をスキャンすることで、高精度な3次元データを取得可能なアプリケーション「OPTiM Land Scan」を「OPTiM Geo Scan」として正式に提供を開始した。

尚、このアプリは、2021年5月12日~14日に幕張メッセで開催された「建設・測量生産性向上展」にて松尾建設と共同で出展された。

「OPTiM Geo Scan」とは、iPhone12 proやiPad Proなど、LiDARセンサー搭載のスマートフォンまたはタブレットで土構造物等の測量の対象をスキャンすることで、土木現場で求められている高精度な3次元データを生成可能なアプリケーションだ。

ドローンやレーザースキャナなどが利用しづらい小規模現場での利用が想定されており、従来の光波測量と比較し、測量時間を最大で60%削減することが可能だという。また、費用面でもドローンやレーザースキャナ等の3D測量と比較し、80%以上のコスト削減に繋がる。また、測量に専門知識は必要なく、1人でも手軽に測量を行えることから、人手不足や技術者不足の解消に役立てることができる。

測量で取得された3次元データはxyzRGB形式で出力できることから、点群処理ソフトウェアやCADソフトを利用し、横断図の作成が可能だ。


出典:オプティム

OPTiM Geo Scanの特長

1.一人で手軽に測量可能
従来の光波測量は、トータルステーション操作者とピンホールを持った作業員二人で測量を実施することが一般的であるが、OPTiM Geo Scanではタブレット上のアプリで土構造物等の対象をスキャンするだけで測量が可能なため、一人で測量が可能。

2.測量業務の短縮が可能
対象物をスキャンするだけの作業となるため、測量時間の短縮や3次元データ化処理が不要になり、測量業務の短縮が可能となる。また、GNSSデバイスを併用することで、3次元データに位置座標を付加できる。

3.誰でも高精度な測量が可能
土構造物などの測量対象物をスキャンするだけの測量となるため、測量経験のない作業員でも高精度な測量が可能。技術習得にかかる時間の削減や、技術者不足に悩まされることがなくなる。

4.ICT土工の実現
3次元データ取得が可能なため、ICT土木を前提とした施工計画の策定や、3次元設計図などの3次元データ生成、納品が可能となり、これまで実現できなかった中小規模の現場においてもICT土工を実現。

5.点群データ出力が可能
取得したデータを色付きの点群形式であるxyzRGBで出力可能なことから、現場の状況をより的確に把握することができる。また、点群プレビュー機能を搭載し、データ取得後すぐに現場で点群データを確認可能。


出典:オプティム (iPad/iPhoneによる点群プレビュー)

このアプリケーションの料金形態だが、月契約プランと年契約プランがあり、それぞれ以下のようになっている。

月契約アプリ利用料:109,200円(税抜)/月 ※3現場で同時利用可能・1現場あたり月額換算36,400円(税抜)
年契約アプリ利用料:972,000円(税抜)/年 ※3現場で同時利用可能・1現場あたり月額換算27,000円(税抜)

初期費用:機器代 合計約20万円~(iPhoneまたはiPad、GNSSレシーバー、機器初期設定)
通信費用:モバイル回線 約5,000円/月~、位置情報補正サービス 約3,000円/月~

オプティムと松尾建設では、今後も建設業務の効率化を実現するソリューションや、顧客に貢献するソリューションを佐賀・九州より創出し、全国の建設企業が抱える課題を解決すべく取り組んでいくとのことだ。


□株式会社オプティム
iPhone Pro、iPad Proを使って誰でも簡単に高精度3次元測量ができるアプリ、「OPTiM Geo Scan」を正式提供開始
リリース記事:https://www.optim.co.jp/newsdetail/20210512-pressrelease-01