桜

今は桜も満開ですね!京都では連日多くの花見客で賑わっており
交通機関も混雑気味でございます!
いつもの通勤風景の中にも新社会人・学生の姿が多く見られ、
若々しいフレッシュさを感じます。何かほほえましいですね!

本日よりマンション改修工事開始!

某マンションでの改修工事が始まりました。
写真は足場を設営しているところでございます。
高いところへ上りテキパキと足場を組んでいく、簡単そうに見えて足場用の
鉄パイプは意外に重く長いので、渡す側受け取る側は意外と大変なのです。

足場仮設

結構高い所までいきますよ

足場仮設に資格はいる?

足場の設営には資格が必要?

はい。当然ですが必要です。「足場組み立て等作業主任者」という技能講習
を受けなければならないのと、その講習を受講する資格として、
「足場の組み立て、解体に関する作業を3年以上従事した経験者」である
ことや「土木・建築」等に関する学科の卒業者かつ2年以上の足場作業に
従事した経験者であることが求められます。

>> Wikipedia「足場の組立て等作業主任者」 << 

多かれ少なかれ実務経験が必要ということになるんです。

取得の後が重要な資格

これは足場の組み立てに限らずですが足場の場合、万が一倒壊ということに
なると、第三者災害へと直結してしまう重大な事故に繋がりますので、
より万全な点検・安全確認が必須となります。

先日の記事で都心のホテルの建設現場の足場崩落事故の件を書きましたが、
そういった事故に繋がらないように、しっかりとした確認をおこなう責任も
資格者には求められます!

この足場の資格に限らず資格を取得している以上、その仕事に関しての
責任も背負っていると言えますので、資格をとってその仕事ができる事に
満足するだけでなく、今一度その仕事を改めて俯瞰して見直してみましょう。

ご安全に!