記事のポイント

・SONYのドローン、Airpeakが宇宙航空研究開発機構(JAXA)での耐風性能実験の様子を納めた映像を公開した。映像の中では開発を進めている推進技術についても触れているという。

・JAXAの風洞は、どの程度の強風域までAirpeakの機体が耐えられるのかを測定。実験の結果、人が立てないほどに強い風である20m/s程度の風速でも安定飛行を実現しているという。

耐風性能実験映像の公開

SONYのドローン事業分野である「Airpeak」の耐風性能実験の映像が公開された。実験はJAXAで行われ、人工的に一定の速さの層流を作り出せるというJAXAの風洞設備で、強風下でドローン機体に与える影響の評価や、どの程度の強風域まで耐えられるかを測定することが目的となる。

その実験の結果、Airpeak開発機では自然界において人が立てないぐらいに非常に強い風力である20m/s程度の風速の中でも安定した飛行を実現できていたという。


出典:SONY Airpeak

プロペラやモーター、ESC(Electric Speed Controller)を中心とするドローンの推進技術は、強風下でも安定に飛行するための需要な技術となる。Airpeakは、高い効率と応答性を両立した17インチのプロペラを備えており、そのプロペラに最適化された高効率・軽量かつ大出力を生み出すブラシレスモーターと、それらを適切に制御するESCを搭載し強風下でも安定した飛行を実現する。


出典:SONY Airpeak

実環境では様々な方向から風が吹くため、機体のコントロールが更に難しくなる。そのため周囲の環境をセンシングし、機敏に反応する制御性能も重要となる。単にプロペラを早く回せばよいという訳でなく、いかにきめ細やかに高い応答性で制御できるかが、飛行時の安定性に大きく影響するとしている。

Airpeakでは、推進技術やフライトコントローラーを独自開発し、強風下を含む様々な環境試験を重ねる事で安定した飛行を高いレベルで実現することを目指しているという。


□SONY Airpeak
耐風性能実験映像の公開
リリース記事:https://www.sony.com/ja/SonyInfo/airpeak/#news-7