記事のポイント

・株式会社センシンロボティクス(以下、センシンロボティクス)がこの度、飛行中のドローン等のカメラ映像をブラウザ上からリアルタイムで表示、確認できる遠隔監視コンポーネントである「FLIGHT CORE Monitor」を開発した。

・このシステムはドローンの自動化運用プラットフォームの「SENSYN FLIGHT CORE」向けに開発されたコンポーネントとなり、作業状況の把握や遠隔からの共同点検、災害時の迅速な対応などへの活用が想定されている。

センシンロボティクスのSENSYN FLIGHT COREで遠隔監視を実現するFLIGHT CORE Monitor

ロボティクスとAIで社会課題の解決を目指しているセンシンロボティクスが、ドローンの自動化運用プラットフォームの「SENSYN FLIGHT CORE」向けに、ドローンでの遠隔監視を可能にするコンポーネント「FLIGHT CORE Monitor」を開発、提供開始した。

FLIGHT CORE Monitorは、飛行中のドローンからのカメラ映像をブラウザからリアルタイムに確認することができることで、作業状況の把握や遠隔での共同点検、災害時の対応などを可能にする。

このFLIGHT CORE Monitorの特徴を掘り下げると、まず「ブラウザでのリアルタイムな映像表示」については、地図上の自機位置や飛行予定ルート、電波状況やバッテリー残量などの状態の監視を、遠隔から複数の拠点からも行うことができる。また、複数機の映像と飛行状況を同じブラウザ上に表示することが可能なので、災害発生時の情報収集などにおいての現場状況の同時確認に活用できる。


出典:センシンロボティクス

また、システムは「SENSYN FLIGHT CORE」に統合することで、作業計画、作業実行と作業確認を同じブラウザ上で行うことが可能で、より便利な運用環境が実現できる。


出典:センシンロボティクス

次に「URL共有機能」。これは「SENSYN FLIGHT CORE」のアカウントを持っていない外部関係者などとURLを共有することで、簡単に外部との情報共有が可能だ。緊急時にシステムにログインする等の手間がなく、URLにアクセスするだけで確認可能となるため、迅速な対応を可能としている。


出典:センシンロボティクス

また、これは今後の対応予定となるが、システムはドローンだけでなく様々なデバイスとの接続を可能にする。例えばネットワークカメラ等と組み合わせることで、補助者なしの目視外飛行にも対応している他、今後はロボットや監視カメラ、ウェアラブルカメラなどの映像が簡単に遠隔監視できるようになるという。


出典:センシンロボティクス

主な活用シーンとしては、現場ではなく遠隔からの作業確認ができることから感染症対策などのワークスタイルの変更への対応や、災害時等に複数ドローンによる現状確認と、それを多拠点から複数の関係者が現場状況を共有しながら対策を行う災害時対応、センシンロボティクスのドローン基地「SENSYN Drone Hub」を活用したドローン遠隔無人運用(地上固定カメラとドローンのカメラが同じ画面に表示され、人の目の代わりに遠隔でドローンを監視するもの)があげられる。

尚、このシステムはユーザーニーズに合わせた最適な機体、ソフトウェア、運用サポートなどをセットにし、サブスクリプション型のサービスで提供されるとのことだ。


□株式会社センシンロボティクス
センシンロボティクス、自動化運用プラットフォーム『SENSYN FLIGHT CORE』で遠隔監視を実現する『FLIGHT CORE Monitor』を提供開始
リリース記事:https://www.sensyn-robotics.com/news/flightcore-monitor