記事のポイント

・野村ホールディングス株式会社のVDC(Virtual Design & Constrution)カンパニー(以下、VDCカンパニー)は、ZENTA株式会社(以下、ZENTA)とNexus Frontier Tech Ltd(以下、NFT)と共同で、平面図の情報をAIで読み取り自動で概算積算するシステム「TEMOTO(テモト)」を開発した。

・「TEMOTO」は、平面図に記載された情報をAIが自動で読み取り、部屋の内法面積等を自動で概算積算しデータ化する。ベータ版が21年3月30日から一般公開されており、だれでも無償で利用可能となっている。

AIによる自動積算。国内建設業界のDX推進のため、サービスを無償提供

VDCカンパニーとZENTA、NFTの3社が共同で、平面図に記載された情報をAIが読み取り部屋の内法面積等を自動で概算積算しデータ化する「TEMOTO(テモト)」を開発した。サービスのベータ版は3月30日より一般公開されており、だれでも無償で利用が可能だ。

従来の建設関係会社などで行われている積算業務は、担当者が図面を見ながら手動で面積等を算出する手拾い作業が一般的となっている。積算は建材の発注など後工程にも影響してくる重要なものであるが、マンパワーによるため作業負荷が多く、またヒューマンエラーも誘発しやすい点が課題とされている。

「TEMOTO」サービスを開発した3社は、サービスを無償で提供することで、データの蓄積とAIの機械学習により、さらに精度の向上を目指す。積算担当者の業務効率化をサポートすることで、国内の建設業界のDX化促進に貢献するとの考えだ。


出典:TATEMO

AI図面積算WEBサービス「TEMOTO」

TEMOTOは図面(PDF)をAIが読み取り、部屋の内法面積等を自動で拾ってデータ化する。アップロードされた図面データは、積算するにあたりAIが認識可能なものか認識不能なものかの判別が行われる。

AIが認識可能だと判別した場合、積算結果の精度は90%以上になるという。また、認識不能な図面の判別精度は100%となるので、解像度の低い図面など対応が難しい図面が解析され中途半端な結果にならないようになっている。(解析に対応する図面のルールはこちらを参照:https://lp.temoto-ai.jp/posts/target-floorplan

AIが認識可能と判断された図面は、処理工程へと進む。積算結果がデータ化されるまでの時間は約1時間で、部屋領域、壁領域、開口部領域や、それらの面積や長さの数値データを結果画面で確認できる。

使い方

現在、無償で利用可能なベータ版の使用方法は至って簡単だ。
・TEMOTOへアクセス:https://lp.temoto-ai.jp/
・本人確認のためのメールアドレスを入力
・上記アドレス宛に届くメール内のリンクをクリック
・依頼情報送信画面で依頼情報を入力し、積算したいPDFをアップロード
・読み取り対象の図面を選択し、必要情報を入力し依頼完了
・AIによる認識結果についてはメールで案内される


出典:野村ホールディングス株式会社

今後もTEMOTOは機能改善やAIの図面認識精度の向上、対象図面の種類の拡充に取り組み、積算担当者の業務効率化をサポートしていくとのこと。人の仕事をすべてAIで置き換えるのではなく、最先端の技術を使い、人に寄り添いながら仕事をサポートする役割を果たすことで、効率的で高い価値を共創することを目指している。


□野村ホールディングス株式会社VDCカンパニー
AI 図面積算 WEB サービス「TEMOTO(テモト)」を開発。AI(人工知能)による図面読み取りと自動積算で業務効率化を実現~国内建設業界の DX 促進のため、サービスを無償提供~
リリース記事:https://nohara-inc.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/vdc_release_temoto210330-1.pdf