記事のポイント

・株式会社安藤ハザマ(以下、安藤ハザマ)は、コンクリートダムにおける品質・生産性向上を目指した、コンクリート打設における敷均し、締固めをタブレットでリアルタイムに管理できるシステムを開発した。

・複数台のブルドーザおよび振動ローラでの敷均しから締固めまでの打設状況と、それらを重ね合わせた結果を現場の指揮者がタブレット上でリアルタイムに確認できる。

タブレットを用いたコンクリートダムの敷均し・締固め管理により生産性向上

コンクリートダムや台形CSGの打設では、ブルドーザによる敷均しや振動ローラによる締固めを、同一エリア内で複数台使用して行っている。それらの締固め回数は、堤体の築造に使用するRCDコンクリートやCSGの密度や強度といった品質面に大きく影響するため、事前に試験施工を行って最適な敷均し厚、締固め回数を決定している。


出典:安藤ハザマ

現在、敷均し厚さや締固め回数、それらに使用する機械の軌跡管理はGNSSを用いたマシンガイダンスなどで、重機オペレーターが運転室のモニターで確認ができるシステムが多く活用されるてきているが、現場指揮者がこれらをリアルタイムに確認できるようにはなっていなかった。

安藤ハザマでは、建機の自動運転技術において、GNSSを用いた振動ローラ単体での締固め回数のモニター表示は、既に現場検証ならびにエリアを限定した現場運用を完了しているそうだが、この度、複数台のブルドーザおよび振動ローラでの敷均しから締固めまでの打設状況と、それらを重ね合わせた結果をタブレット上でリアルタイムに確認できるシステムを開発したという。システムの特長としては以下となる。

①タブレット上にシステムを搭載したすべての重機の稼働状況が表示されることにより、指揮者は全体の作業状況、進捗が把握できる。


出典:安藤ハザマ

②個別の重機を選択すると詳細な作業状況が確認でき、作業の過不足や効率性が把握でき、その場で是正指示が行える。


出典:安藤ハザマ

③各重機に搭載されたモニターから、オペレーターは自身の作業状況に加え、周りの重機の状況が確認できる。


出典:安藤ハザマ

④転圧回数は合算でき、転圧回数が不足している個所を見つけた場合、近くの別の振動ローラに対応を指示できる。

⑤端部や構造物周りで使用する小型振動ローラにも対応しており、振動ローラを使用するすべての箇所の状況を確認できる。


出典:安藤ハザマ

⑥建機の自動運転にも対応可能。


出典:安藤ハザマ

⑦1日の作業内容は現場事務所のパソコン内に保存し、帳票として出力できる。

実機試験では、システムを搭載した19t級の湿地式ブルドーザを2台、11t級の振動ローラ2台を同時稼働させ、施工状況の確認を行ったという。その結果、試験ヤード内のすべての重機の稼働状況、個別重機の詳細な作業状況をタブレットで確認できたとのこと。


出典:安藤ハザマ

このシステムの使用により、指揮者はその場で全体および個別の作業状況を確認することができるようになり、施工不良箇所を素早く把握した改善と是正が可能になった。これによって「作業効率向上」「作業能力の向上」「作業平準化」につながり、品質と生産性の向上が確認されたという。

今後、安藤ハザマではRCD工法によるコンクリートダムや台形CSGダムでの敷均し、締固めの他、フィルダムの盛土や大型造成工事などで幅広く今回のシステムを導入することで、品質と生産性の向上を目指すとのことだ。


□株式会社安藤ハザマ
タブレットを用いたコンクリートダムの敷均し・締固め管理により生産性を向上
-敷均し・締固め統合管理システムの開発-
リリース記事:https://www.ad-hzm.co.jp/info/2021/pre/20210312.html