記事のポイント

・三井住友建設株式会社(以下、三井住友建設)が、水路トンネルなどの調査・点検業務において、MR(複合現実)技術を活用したひび割れ展開図作成システム「MOLE-FCM(Field Crack Mapping)」を開発した。

・MOLE-FCMシステムは、断水期間が限定される水路トンネル等の調査・点検時間を大幅短縮できるシステムで、同社のR&Dセンターにて実証実験が行われ、その有効性が確認されたという。

MR技術技術により高精度な展開図作成と効率的な調査・点検作業を実現

この度、三井住友建設は、水路トンネルなどの調査・点検作業において、MRデバイスを利用しひび割れの展開図を作成するシステムの「MOLE-FCM」を開発した。

システムは三井住友建設のR&Dセンター(千葉県流山市)にて実証実験が行われ有効性が確認されたという。断水期間が限定される水路トンネル等の調査・点検時間を大幅に短縮した作業の効率化を図れる他、高精度な展開図でひび割れの進展や劣化状況を確認することができるとのこと。


出典:三井住友建設

MOLE-FCMは、MRデバイスを介し、調査対象の水路壁面を動画撮影する現地調査・点検作業と、撮影後の映像データからの不具合検出、形状と位置をデータベース登録する作業の2つの工程からひび割れの展開図を作成する。各工程の詳細は以下となる。

1.現地調査・点検作業

事前作成した調査・点検対象物の格子メッシュの3Dデータを、MRデバイスデバイス上に投影した状態で壁面を撮影する。格子メッシュによって位置が特定されることから、通常の調査で行っていたひび割れや変状・不具合のスケッチ作業や、それらに付随する距離やひび割れ検尺等の計測作業が不要となり、ひび割れ箇所へのチョークなどでのマーキングは撮影に影響しない。調査・点検対象物によるが、これまでの作業方法と比較し30~50%、作業効率が向上するという。

2.事務所でのデータベース登録作業

新たに開発したという専用ソフトに撮影データを取り込み、ひび割れや不具合をデジタル検出し、その形状と位置情報をデータベースに登録。登録データは展開図に自動変換・生成が可能で、過去の登録データとの比較も可能となり、高精度なひび割れの進展や劣化状況の確認ができる。


出典:三井住友建設

今回のこのシステムの開発により、水路トンネル等での調査・点検業務の大幅効率化が可能となり、今後は導水路トンネル調査・点検システム「MOLE-FMR」との組み合わせによって、水路構造物の調査・点検と維持・補修のサービスの提供を検討しているという。また、システムの他分野への適用を図り、橋梁などのコンクリート構造物全般の調査・点検への展開を目指していくとのことだ。


□三井住友建設株式会社
水路トンネル等のひび割れ展開図作成システム「MOLE-FCM」を開発
リリース記事:https://www.smcon.co.jp/topics/2021/01181300/