記事のポイント

・ソニー株式会社が2020年11月に発表したドローンプロジェクトのブランド「Airpeak(エアピーク)」の機体が、CES(Consumer Electronics Show)2021にて初披露された。Airpeakはソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラのα(アルファ)を搭載可能とし、高画質な空撮映像を取得できる。

・また、昨年のCESで発表されていたソニーの技術を搭載した自動車「VISION-S」の公道走行テストの開始も発表され、テストの様子をAirpeakで空撮している映像も公開された。

フルサイズミラーレス一眼カメラα™(Alpha™)搭載可能機体として世界最小クラス

ソニー株式会社(以下、ソニー)は、今回オンラインで開催されている「CES 2021」にて、昨年11月に発表をしていたドローンプロジェクト「Airpeak」の機体を初披露した。

この「Airpeak」ブランドは、2021年の春にプロフェッショナル映像制作領域に向けて事業を展開するという。ペイロードにはソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラのαを搭載可能とし、高画質化空撮映像を実現。


出典:Airpeak

フルサイズミラーレス一眼カメラαの搭載機体として業界でも最小クラスのAirpeakは、ダイナミックな撮影や緻密で安定した飛行を可能にする。


出典:Airpeak

また、今回のイベントでは他にもソニーのEV自動車である「VISION-S」が公道を走行する様子が公開されたが、その映像を実際に撮影したのがAirpeakのドローンである。

VISION-Sは、コンセプトである「Safety Cocoon 人の目を超えるソニーのイメージセンシング技術」に基づき開発されており、CMOSやToFなどのセンサーを多数搭載している。今回のVISIONS-Sの公道での走行により、開発活動が新たなステージに移行したと言える。

ソニーは今後もこれらプロジェクトの関連情報を継続的に発信していく。またAirpeakはドローンユーザーから体験の機会を通じてフィードバックを得るというプロフェッショナルサポーターの募集を開始しており、商品化に向けた共創活動を行っていくとのことだ。


□ソニー株式会社
Airpeakの機体を初公開 フルサイズミラーレス一眼カメラα(Alpha)搭載可能機体として世界最小クラスのドローン
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/202101/21-003/