東洋製罐グループは同社が発足した、より豊かな社会実現を目指すプロジェクトである「OPEN UP! PROJECT」の一環として、ドローン等に着脱可能なロボット用遠隔型スプレー缶の噴射装置「SABOT for Drone」の実用化モデルを完成させ、提供を開始すると発表した。ドローンに着脱可能な遠隔型のスプレー缶噴射装置としては世界初となる。


出典:東洋製罐グループ SABOT

背景

近年では、ドローンを活用した点検、農業分野への利用等、空撮だけではない新たなドローンの活用が多分野において注目を集め、様々な企業・団体が実証実験や導入等を進めている。ドローンの活用によって、これまで危険区域など人が立ち入ることが困難な場所での点検や、自動航行による農薬の散布など、安全かつ効率的に作業ができることに加え、近年の人手不足の解消に寄与するものと考えられている。

創業100年を超えるという東洋製罐グループでは、次の新しい100年を創造すべく、様々な課題に向き合うことでイノベーションを起こし、より豊かな社会の実現を目指すプロジェクト「OPEN UP! PROJECT」が2019年から始動しており、様々なプロジェクトを進行中だ。

そのプロジェクトのひとつとして、多分野で様々な課題解決に寄与する可能性のあるドローンに、容器という側面から新たな付加価値を与えられるプロダクトとして、「SABOT for Drone」の開発を進めてきている。その実用化に向けて、これまでにない価値提案を行うべく、約1年半の開発期間を経て、この度実用化モデルが完成した。

新しい価値を提案する「SABOT for Drone」

「SABOT for Drone」は、ドローンに殺虫剤や塗料・薬剤等が入ったスプレー缶を着脱することができ、遠隔操作で内容物を噴射することができるスプレー缶噴射装置となる。


出典:東洋製罐グループ SABOT

従来の農業用ドローンと異なるのは、ホバリングした状態から上下左右に散布や噴射が可能な点と、さらにスプレー缶を取り換えるだけで噴射する内容物を簡単に変更可能な点だ。そのため、従来の見ることが中心のカメラ等による点検や地上に向けた広範囲の農薬散布のみにとどまらず、殺虫剤による蜂の巣駆除や、塗料を使って対象物の特定箇所へのマーキング等、多種多様な活用方法で新たなドローン活用の可能性を広げる。

尚、このSABOTに関する国内特許は登録済みとのこと。国際特許に関しては出願中とのことで「世界初のレトルトパウチ」や「日本初の自動製罐」の発明等、常に容器の可能性を広げてきた同社だからこそ辿り着いたプロダクトとなっている。

特長

①上下左右に安定的かつ精度良く散布・噴射が可能

ノズル部分が上下左右に可動するため、操縦者の思い通りの方向に缶の内容物を噴射できる設計。ノズル周辺にはカメラや対象物との距離センサも備えており、噴射精度や安全性を高める。また、インターフェースに関してもユーザー目線に立った使い勝手の良い操作性を実現している。

②缶の交換により、防錆剤の噴射や蛍光塗料でのマーキング等、様々な用途に利用可能

作業中に内容物が無くなった場合や、利用用途により内容物の切り替えが必要な場合でも、缶や配管を含めたノズルごと簡単に交換ができる。内容物を変えることで洗浄剤での対象物の汚れを落とした後に、塗料でマーキングを行ったり、足場作業が必要なほどに進行していないサビの補修箇所に、防錆剤を使用し、初期段階からのサビ発生を防止する等の保全作業など、現場作業を想定した様々な使い方が可能となっている。

③容器、スプレー缶充填製造メーカーだからこそ可能な安全・安心の提供

装着する缶は、主に殺虫剤や塗料、消臭剤等で使用されるスプレー缶が採用されている。創業100年で培われた同社の技術力とノウハウによって、容器を含めた装置全体の安全性や、安定噴射が可能な処方やノズル等の開発を実施することで、ユーザーが安心して使える仕様を提供する。


出典:東洋製罐グループ SABOT

今後、同社では薬剤、塗料、建築土木・メンテナンス、ドローン関連のメーカーとの協業をはじめ、行政との取り組み等で幅広い領域において展開を行っていく予定だ。


 

東洋製罐グループ
世界初、ドローンに着脱可能な遠隔型スプレー缶噴射装置「SABOT for Drone」を提供開始
https://www.tskg-hd.com/2020/12/sabot_for_drone.html

PRTIMES
世界初、ドローンに着脱可能な遠隔型スプレー缶噴射装置「SABOT for Drone」の提供開始へ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000049660.html