測量・測位ソリューションの開発・製造、販売を行っている「株式会社ニコン・トリンブル」では、現在、現場用のMixed RealityデバイスであるTrimble XR10を効率的に活用するクラウドサービス「Trimble Connect for HoloLens(TCH)」を提供している。

このサービスはMicrosoftのHoloLens2を活用したもので、オフィスで3D設計データをクラウドへアップロードするとTCHが自動でモデリングデータに変換。

施工現場のTrimble XR10(HoloLens2とヘルメットを一体型としたデバイス)で、モデリングデータを現実空間に重ね合わせることで、作業員のトレーニングや人や機材の導入経路確認、作業の優先順位付け、設計図に従った施工の確認、組み立て・組み込みの遠隔指示、タスク管理など施工品質の向上に活用できるというものだ。

Trimble Connect for HoloLensが一段と使いやすく

このTCHに、この度新機能が追加されたアップデート版「TCHプレミアム」がリリースされた。スムーズな3Dモデルの運用が行える3つの新機能を追加し、3D設計データの活用が望まれる現場のニーズを反映し、MR導入による現場のDX化を加速する。


出典:PRTIMES「建築施工やプラント・製造業の工程管理を効率化するTrimbleのMixed Realityクラウドサービスに新機能が加わりDXを加速!」

背景

同社では、3D設計データを簡単に現場で活用してもらえるよう、これまでにHoloLensとヘルメットの一体型Trimble XR10並びにクラウド型3Dモデル運用サービスのTrimble Connect for HoloLensの販売を行ってきた。

その中でユーザーから集まった意見を反映し様々な新機能を追加したTCHのアップデートを行い、この度TCHプレミアムという名でのリリースに至った。ちなみに従来のTrimble Connect for HoloLensサービスは移行する。

TCHプレミアムの概要


出典:PRTIMES「建築施工やプラント・製造業の工程管理を効率化するTrimbleのMixed Realityクラウドサービスに新機能が加わりDXを加速!」

今回のアップデートでは従来の機能に加え、マーカーを使ったモデルの位置合わせツールや、新しいストリートビューモード、ローカル(オフライン)モードでの活用といった現場で活用しやすいツールを追加している。

1.マーカーを使用した位置合わせ

予め3Dモデル内にマーカーを設定し、現場の所定の位置にマーカーを設置することで希望の場所に3Dモデルを配置することができる。この機能で従来の機能である、3面を利用した位置合わせが実践できない現場でも位置合わせを簡単に行うことが可能だ。


出典:PRTIMES「建築施工やプラント・製造業の工程管理を効率化するTrimbleのMixed Realityクラウドサービスに新機能が加わりDXを加速!」

2.ストリートビューの新機能フライモード

壁や床など面情報のない3Dモデル向けのストリートビュー機能、フライモードを搭載。その場に留まりながらモデル内を飛び回るように観察できるため、あらゆる角度からモデルを確認できる。


出典:PRTIMES「建築施工やプラント・製造業の工程管理を効率化するTrimbleのMixed Realityクラウドサービスに新機能が加わりDXを加速!」

3.オフラインでの3Dモデル活用

現場ではネットワーク環境が十分でない場面が多く、TCHが活用できない場合がある。そこで予めアプリケーション内にモデルをダウンロードしておくことで、ネットワークの乏しい環境でもモデルを活用できるようになった。


出典:PRTIMES「建築施工やプラント・製造業の工程管理を効率化するTrimbleのMixed Realityクラウドサービスに新機能が加わりDXを加速!」

Trimble Connect(クラウドサービス)について

TCHプレミアムはクラウドサービスが基盤となっており、データの管理は全てクラウド上で行っている。TCHプレミアムライセンスでは、データ容量、メンバー数、プロジェクト数無制限にデータの管理が可能だ。

尚、取り扱いが可能なデータ形式は以下となる

□3Dファイル形式
・IFC(2×3)・IFC ZIP(.ifcZIP)・IFC XML(.ifcXML)・DWG(.dwg – AutoCAD2013以降)・DGN(.dgn)・STEP(.stp, .step)・TRB・IGES・IGS・XML・STP・DXF・SKP(2019以降)・TC ZIP(.tcZIP)・Revit(2019以降)※Trimble Connect for Revitをアドインする必要有


出典:PRTIMES「建築施工やプラント・製造業の工程管理を効率化するTrimbleのMixed Realityクラウドサービスに新機能が加わりDXを加速!」

また、TCHプレミアムはブラウザ、PCアプリ、携帯アプリからアクセスが可能となっている。クラウドを通じたタスク確認・共有やデータのアップロード・ダウンロードを複数の端末から行うことができ、PCなどを持たない現場スタッフであっても携帯からすぐに情報にアクセスが可能だ。


出典:PRTIMES「建築施工やプラント・製造業の工程管理を効率化するTrimbleのMixed Realityクラウドサービスに新機能が加わりDXを加速!」

価格についてはTrimble XR10のデバイス単体が648,000円(税抜)、3Dモデル運用サービスTCHプレミアムの単体が348,000円(税抜)、そしてこららのサービスセット「Trimble XR10クラウドサービスセット」が948,000円(税抜)となっている。(クラウドサービスは1年ライセンス契約)

【お問い合わせ先】
名 称:株式会社ニコン・トリンブル
住 所:東京都大田区南蒲田2-16-2
担当者:春岡/安田
E-mail:bc_info@nikon-trimble.co.jp
HP:https://www.nikon-trimble.co.jp/

ニコン・トリンブル社プレスリリース
PRTIMES:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000015437.html