「鹿島建設」が、大阪市で建築塗装を行う「株式会社竹延」と共同開発したという「壁面吹付塗装ロボット」が、実際の工事に初めて適用したと発表した。

この吹付けロボットの適用によって、熟練塗装工と同等の塗装品質を確保できるという。またこのロボットを適用することで、塗装作業の全体に要する人工が、従来の人による作業と比較し約3割削減した。


出典:鹿島建設

大面積の内装壁面塗装において約3割の労務削減を実現

現状の建設業界では労働者の高齢化、また若年層の不足により将来的な就業者数の減少が見込まれており、生産性の向上が喫緊の課題となっている。

一般的な室内の壁面吹付塗装作業においては、塗装面積の広さに加えて塗装時の塗料の垂れが生じやすいため、重ね塗りが必要となっていた。そのために長時間の繰り返し作業を行うこととなり生産性の向上が求められていた。

同社が推進している「鹿島スマート生産」では、「作業の半分はロボットと」というコアコンセプトがあり、繰り返しの作業や苦渋を伴う作業、自動化によって効率や品質にメリットが得られる作業等を対象とした、自動化・ロボット化を進めている。

今回の室内の壁面吹付塗装作業もそれに該当することから開発が進められてきた。

壁面吹付塗装ロボットの特長

・離隔センサによって壁との距離を一定に保ちつつ移動しながら吹き付けノズルを上下し壁面を塗装
・一定速度、一定角度で塗料の吹き付けノズルを動かすことにより、1回の吹付で膜厚を確保
・1時間あたり110㎡以上の壁面を塗装可能
・吹付塗装の機材に汎用品を採用し、部品交換などの保守が容易
・熟練塗装工と同等の高い塗装品質を実現


出典:鹿島建設

端部などのロボットでの塗装難度が高い部位に関しては、従来どおりに人が作業を行い、開発期間の短縮と製作コストの抑制、構造の簡素化、操作の簡略化を実現。

開発にあたり竹延社が従前から取り組んでいた、熟練塗装工が持つ感覚的な技の数値化やマニュアル化などのノウハウが活かされているという。

現場での効果

実適用された現場は兵庫県内の建築現場で、475㎡のALC壁の部分塗装に適用された。下地処理や養生などを含む塗装作業全体の人工は、従来の4.8人日に対し、3.2人日と約3割の削減ができたという。また塗装の品質においても熟練塗装工と同等の水準が確保できている。


出典:鹿島建設

まとめ

同社では、今回の壁面吹付塗装ロボットを全国の建築現場への適用を推進し、人とロボットの協働作業のノウハウを蓄積し、ロボットによる施工範囲を拡大を図っていくという。

業界では今後も就業者数の減少は進んでいくと見られ、このような長時間の繰り返しが求められる作業の改善に限らず、生産性を上げていくことが業界全体に求められている。