こんにちは。昨今ではスマートフォンやタブレット端末のみで様々な事ができるようになっていますが、その中でもより高度なARを実現する「LiDAR(ライダー:Light Detection And Ranging)」はここ最近モバイル端末にも搭載されるようになってきたセンサー技術です。

LiDARとは、レーザー光を発しそのレーザー光が障害物に当たり跳ね返ってくるまでの時間を測ることで、障害物の位置を特定するというもので、テクノロジー的には最近の物という訳ではなく、これまでに自動車の自動運転などで多く活用されている技術です。

そんなLiDARセンサーを現状で搭載しているモバイル端末はAppleのiPad Proですが、本日はそのiPad ProのLiDAR機能を活用し、3D点群データを取得しファイル出力ができるというアプリがリリースされたというニュースがありましたのでそちらをご紹介。

LiDAR機能による3D点群データの取得と出力で様々な活用方法

そのアプリは長野県の「株式会社プロノハーツ」社が開発。アプリ名は「pronoPointsScan」。iPad ProのLiDAR機能によって3D点群データを取得し、ファイル出力をすることができるアプリとなります。

取得された点群データはカメラ画像の色情報も付加されます。点群データはその場でプレビュー表示ができ、さらにXYZRGB形式のテキストファイルに出力ができることで、CADやCGアプリ等で幅広く利用可能となっています。


出典:プロノハーツ

開発背景

従来では3次元データのスキャンを行うためには、数百万~一千万の価格帯となるスキャナを使って取得する必要がありましたが、近年ではLiDARなどの技術を採用した比較的安価なスキャナが普及しており、広く利用される環境になってきました。

中でも2020年春に発売されたApple社のiPad ProにこのLiDARが搭載されたことにより、3次元スキャンの敷居が格段に下がっています。また3次元データのスキャン需要は製造業だけでなく、土木・建設業や測量の他、個人ユースでもニーズが出てきました。

そのような動向のある中、同社ではLiDAR搭載のiPad Proを使った3次元スキャンとその応用についての研究をはじめ、アプリの開発に至ったとのこと。

2020年の6月には3Dメッシュを取得することができる「pronoMeshScan」というアプリをリリースし、さらにそのソフトウェア技術を発展させた「pronoPointScan」では、より細かい点群に併せて色情報も取得可能に。これによって計測や設計などの業務にさらに活用できるようになります。

機能と特徴

1.点群スキャン機能

アプリ起動後、iPad Proをスキャンしたい対象にかざしスキャンボタンを押すことで、実物の画像に重ねてスキャン結果の点群が表示されます。ボタンを押すごとにそのときに見えている範囲の点群が取得されます。位置を変えて繰り返しボタンを押すたび、点群が重なって取得されていきます。


出典:プロノハーツ

2.点群ビューワ

スキャン途中の点群のみを表示し確認可能。


出典:プロノハーツ

3.ノイズ除去

ノイズと判断される点群を自動で除去し、必要な点群のみを取得可能。


出典:プロノハーツ

4.点群データの保存と読み込み

取得された点群データはiPad内に保存可能。保存したスキャンデータはファイルの一覧から選択してビューワーで表示できます。これらファイルはiPad Pro標準のファイルアプリのフォルダ内に保存され、icloud等を経由してPC環境へコピーすることができるようになっているとのこと。


出典:プロノハーツ

5.VR表示への応用

PCにコピーした点群ファイルをpronoDRバージョン3.0にインポートしてVRに表示可能。バーチャル空間上で形状の確認や計測等を行える。


出典:プロノハーツ

まとめ

こちらのアプリですが、App Storeよりダウンロードできるようになっており、なんと全機能が無料で使用可能です。但し、基本的には3D点群を取得できる回数は5回までと制限されています(点群データのファイル出力は可能)。

この5回の制限は課金することで解除できるようになっておりますが、その価格は860円と大変にリーズナブル。この5回で取得したスキャンデータを実際に活用できるかのお試しにできますし、そうでなくとも860円であれば課金して色々試すにも負担が少なく済むので良心的ですね。

また、アプリはカスタマイズ対応もされているということで、各企業のソリューションに応じ機能追加等も行えるとのこと。まずはお試しで使用し使えそうであればもう一歩踏み込んでいけます。iPad Proのみで手軽に3Dスキャンできるという利便性はメリットが大きそうです。