こんにちは。本日はスギテックでも参加している京滋コンクリート診断士会にて、第26回目となる研修会が滋賀県のコラボしが21にて開催されました。


出典:京滋コンクリート診断士会

今回のこの研修会の中で、会員企業2社による保有技術紹介があり、スギテックはその内の1社としてお時間をいただき、弊社の東京支店長の杉山が登壇いたしましたのでご紹介したいと思います。

研修テーマ:「withコロナ時代に一層果敢な同志たちへ」新生活様式で先達に学ぶ

1社目の株式会社ムサシさんでは、このブログでも何回かご紹介したことのある、富士フイルムの「ひびみっけ」を紹介されていました。

「ひびみっけ」とは、医療用解析技術を用いたAIによるひび割れの検知システムで、撮影方法から解析技術の詳細、サービスのサポート体制までをご紹介。

説明後に質疑応答があり、印象的だったのは「状態の悪い現場のコンクリートで検知出来るのか?」という質問で、それもそのはず技術紹介等で紹介されているのはあくまで状態の良いコンクリートであって、実際の現場では状態が悪い場合が多いです。

AIは素早くひび割れを解析できますが、例えばコンクリート表面にすすが付着しているとその時点で判定が難しくなってしまうそうです。これはその時点で使い物にならない現場も出てくるという事にもなります。(もちろんすぐに活用できる現場も多いと思います)

さすがに参加者の皆さんは現場を知っている方なので、その他にも現場での撮影に関してなど中々鋭い質問が飛び交っていました。

しかしこういった意見を踏まえることで、システムのより良い進化に繋がるのは間違いないので、開発側としては非常に意義のあるものだと思います。

スギテック登壇:地下鉄コンクリート躯体赤外線サーモグラフィ及び可視カメラによる躯体調査事例

ということで、2社目にスギテックの登壇となり、弊社で保有している調査技術と、それを実際の現場で活用した事例をご紹介させていただきました。

まず某地下鉄での躯体のひび割れ調査内容と、調査に活用したひび割れの抽出方法とその機材。そしてその撮影方法や、得た画像データをどのように補正して判定しているのか?そして従来方法からどれくらい省力化できているかまでをご紹介。

その他、物流倉庫の床面調査の事例から、ドローンによるプラント煙突調査の実施事例、3次元点群データの活用から、弊社開発のSINQA(シンカ)による調査まで、主な技術とその事例をご紹介させていただきました。

限られた時間の中で全てを余すことなく、という訳にはいきませんでしたが、大枠スギテックの扱っている技術とそれによる効率化の程はお分かりいただけたかと思います。

東京支店長の杉山は現場の人間として、実際の現場で活用してきた方法とその結果を端的に示していましたので、いわば机上論ではなく現場の声として参加者には届いていたかと思います。

スギテックの強み

スギテックでは自社での技術開発も積極的に行っていますが、そこでの一番の強みが、豊富な知見を持ったスタッフが開発に携わっていることが挙げられます。

今や多くの現場ソリューションが世に出ており類似する製品も多く、この製品ではできないことが他製品ではできるが、他に欲しい機能が足りない、というような事はままあります。

そういった事が起こらないユーザーのニーズを満たす製品は意外とシンプルなものであったりします。ただ機能を削ってシンプルなのではなく、使う側に本当に必要な機能だけを付けるということになります。それを実現するには豊富な知見が必要になりますが、スギテックはその部分には強みがあると自負しています。

そしてそれは技術開発だけでなく、調査や改修においても活かされています。

近年、社会インフラや建築構造物の調査・改修は喫緊の課題となっており、我々が果たす役割はまだまだ大きくなっていくと思いますが、今後も最新技術の活用・開発を行いながら人手不足問題、働き方改革に取り組みつつストック型社会実現への貢献とチャレンジをしていきます。

 

スギテックのソリューションは以下よりご覧いただけます

ソリューション

床面ひび割れ調査