こんにちは。高速道路などでよく見かける工事による交通規制ですが、特に高速道路の橋梁におけるリニューアル工事に関してはいったん工事を始めると橋桁の床版の撤去と架設が完了するまで、上下線のどちらかを完全に通行止めにする必要があります。

また、仮橋で迂回路を設置するという方法もありますが、都市部になってくると土地の確保が難しいことからやはり交通規制が必要になってきます。交通規制をかけると工事渋滞も起こりやすくなりますので規制の期間をなるべく短くすることが求められています。

夜間の車線規制のみで交通量の多い路線の床版取替を実現

この度「株式会社大林組」が、中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)との共同で、橋梁のリニューアル工事での交通渋滞を抑制すべく、交通量の少ない夜間の車線規制のみで工事が可能な床版の取替工法「DAYFREE」を開発。

この工法は実際にNEXCO中日本発注の中央自動車道・弓振川橋(上り)の床版取替工事で採用されたとのこと。

従来工法との違い

従来の床版取替工事では、床版を取り替える側の車線を長時間に渡り車線規制し、反対側の車線を対面通行する形で工事を進めていました。そのために特に交通量の多い区間になると、工事に伴い渋滞が発生することを避けた利用や迂回誘導など、高速道路の利用者への影響が課題となっています。


出典:大林組

この課題に対し、大林組の開発したトレーラーで運搬できる判断面(2車線道路の1車線)用の移動式床版架設機「ハイウェイストライダー™」や、「スリムクリート®」で制作したプレキャスト板を床版同士の接合部に設置する「スリムNEOプレート™」等の保有技術を活用することで、限られた時間内で既設床版の撤去から新たな床版の架設、路面復旧を行います。

交通量の多い昼間は規制を解除することが可能なため、1日数万台という交通量のある都市部におけるリニューアル工事においても渋滞の発生を抑制することができるとのこと。

特長

1.施工ステップを分割し夜間のみの交通規制による施工

従来の床版取替工事においては「既設床版の撤去」「鋼桁のケレン作業」「新しい床版の架設」「床版接合部のコンクリート打設」「防水・舗装工」の5ステップを1サイクルとして昼夜間連続で施工するため、1サイクルが完了するまでの数日間交通規制を行う必要があります。


出典:大林組

DAYFREEは、交通量の少ない夜間に1車線を規制したうえで、「既設床版を撤去」し、「架設床版を設置」して一旦交通開放。

翌日の夜間以降に「鋼桁上面のケレン作業」や設置した「架設床版の撤去」を行い、新しいプレキャストPC床版の架設を順次実施していき、これら作業工程を1サイクルとして繰り返すことで、床版取替工事を完成させます。

1サイクルの間でも、昼間は架設床版を設置し交通開放しているため、車両は問題なく通行が可能です。

2.専用の移動式床版架設機により判断面での施工が可能

従来の床版の撤去や架設には大型クレーンを使用していたそうですが、クレーンの設置に時間がかかるのに加え、半断面に収まらないため、片側車線規制には使用できなかったそうです。

今回開発の半断面専用の移動式床版架設機(ハイウェイストライダー)は、支柱が鉛直・水平方向に伸縮可能な門型クレーンで、トレーラーで架設地点に搬入後、支柱を伸ばすことで半段面に収まるよう自動で短時間で設置し、撤去時も同様に支柱を収縮することでトレーラーに搬入可能とのこと。


出典:大林組

3.昼間開放が可能な接合工の開発

交通開放するためには架設した床版同士間の接合部に所定の強度が必要となりますが、従来の鉄筋コンクリート構造ではコンクリート打設後に最短でも2~3日かかっていたそうです。

そこで、常温硬化型高強度繊維補強コンクリートの「スリムクリート」を使用し、工場製作したプレキャスト板を床版の接合部に設置することで、速やかに昼間の交通開放が可能となるスリムNEOプレートを開発。

スリムNEOプレート自体が高強度を有するため、設置後は速やかに防水・舗装工に移れる他、プレート下面の空隙は道路を共有しながらでも床版下面からスリムクリートで充てんでき、品質と長期耐久性を確保できます。


出典:大林組

まとめ

昼間は交通量が多く渋滞が発生しやすいですが、この工法によって昼間の時間帯を避けた工事ができますので、工事渋滞の発生を大幅に抑えられる他、車線の規制を連続的におこなう必要がないので、工事期間中でも土日など工事休止日を設定することができ、業界の働き方改革にも寄与するものとなっています。

従来の工法と比べて工期自体は伸びてしまうということですが、渋滞の発生を大幅抑制できることや、他の工事に影響を与えることが少ないので施工時期の制約を受けにくいというメリットもあるため、NEXCO中日本では交通量の多い区間での本工法の適用を検討していくとのことです。