こんにちは。土木・建設現場でIoTの活用が進んできていますが、大きな現場での活用となってくると使われる機器の数も多くなってきます。

数が増えるとそれぞれ必要となってくるネットワーク回線の配線関係がその分多くなり、初期の設置に少し手間が掛かってしまうというのが現状でした。

今回、竹中工務店がそういった手間を省こうと、現場を手軽にIoT化できるプラットフォーム「TSUNAGATE(ツナゲート)」を開発ています。

建設現場とクラウドをつなぎ、省人化・生産性向上目指す

この「TSUNAGATE」ですが、インターネット接続ができる仮設分電盤を介して、現場に無線LANのネットワーク環境を構築できます。そしてそれにより様々なICTツールをクラウドの管理システムへつなげ一括管理することを可能とするプラットフォーム。

通常の建設現場では、仮設電源線により工事用電力を供給しています。それが「TSUNAGATE」を現場に適用することで、ICTツール(ネットワークカメラやデジタルサイネージ等)のために個別に通信用の配線を用意する必要がなくなります。

使用ICTツールを一括管理することもできる

通信用の配線用意が無くなるだけでなく、TSUNAGATEで接続されたIoTツールはクラウド上で一括管理が可能となっており、照明の遠隔制御、センサー情報収集など現場のIoT化を加速します。

なお「TSUNAGATE」は同社の独自のIoT分電盤と、ソフトウェア開発等をおこなう「カディンチェ株式会社」のクラウド技術の連携によって実現したそうです。

TSUNAGATE概要


出典:竹中工務店

TSUNAIGATEは建設現場において、様々なICTツールをクラウド管理システムに接続し、一括管理を可能にしたプラットフォーム。ネット接続が可能な仮設分電盤の「TSUNAGATE BOX」を設置すると、自動的に現場内に無線LANのネットワーク環境が構築されます。

「TSUNAGATE BOX」はIoT端末(PC)を搭載しており、照明やデジタルサイネージ、各種センサー等を制御する機能をインストールすることも可能とのこと。

さらにIoT端末が「TSUNAGATE BOX」を集中管理する専用のクラウドシステム「TSUNAGATE CLOUD」へ繋がることで、現場内の全ての仮設分電盤にインストールした機能を、現場職員、作業員がPCやモバイル端末から一括監視・制御が可能となるそうです。

「TSUNAGATE」の活用事例「TSUNAGATE VIEW」

「TSUNAGATE VIEW」は、電力線通信(PLC)を活用し、カメラを天井に設置して仮設電灯に繋ぐだけで、周囲360°の映像を取得し、「TSUNAGATE CLOUD」へ保存するシステムとなっています。


出典:竹中工務店

これを現場に複数台設置し、視点・日時を変更することで現場内を見渡せる「バーチャル現場巡回」が実現。従来のネットワークカメラと比較し、約20%のコスト削減に繋がるそうです。

まとめ

TSUNAGATE BOXを複数導入していくだけで、ネットワークが構築できるだけでなく、それぞれに個別のソフトウェアを導入できるので、かなり自由度の高い構成ができそうですね。

しかもそれらを全てクラウド上で管理できるようになっているというのもポイント。ちなみにこちらは竹中工務店のみで活用していくものでなく、一般の販路として「日建リース工業」をはじめとするレンタル会社での展開が考えられているそうなので、検討しやすくなりそうです。

これは導入事例が増えそうな商品ですね。