こんにちは。スマートフォンが日常的に使われるようになった近年、道に迷うこと無く目的地へ到達できるのはGNSS(全球測位衛星システム)技術により支えられている部分が大きいです。これは機械の遠隔操作や自動車の自動運転等にも欠かせない要素技術。

そのGNSSの配信業者である「株式会社ジェノバ」と「KDDI株式会社」は、両社の技術基盤を活かし誤差数センチのリアルタイム測位が可能な高精度測位位置情報配信サービスの提供に向け、業務提携契約を締結したとのこと。

KDDIとジェノバ、業務提携契約を締結

IoTの拡大や測位技術の発達によって位置情報を利用した様々なサービスが拡大してきていますが、正確な位置情報が重要となる建設現場における建機の自動運転等の分野では、従来のGPS単独測位の精度に課題があり、昨今では、これらを解決する誤差数センチメートルの高精度測位技術への期待が高まっています。


出典:KDDI

株式会社ジェノバは、GNSS測量・測位の補正情報配信に関する特許技術を保有しており、国土地理院が全国に設置している約1,300点の電子基準点網を活用した仮想基準点方式により、リアルタイムにデータを収集・解析しGNSS測位に適したネットワーク型の補正データを配信しています。

ジェノバの配信するデータとユーザーのGNSS受信機で観測したデータを組み合わせることで、リアルタイムに誤差数センチメートルの高精度測位が可能になるとのこと。


出典:KDDI

KDDIは、これまでにIoT・5Gの活用が期待される自動運転や、建機の遠隔操縦といった位置測位が重要となう領域の実証実験を実施し、位置情報を組み合わせた新たな価値創出に取り組んでいます。

また、全国に設置された電子基準点のリアルタイムデータの配信を支える通信網を国土地理院に提供しているとのこと。

両社は、それぞれの技術基盤を活用することで、誤差数センチメートルのリアルタイム測位が可能な高精度測位情報配信サービスについて、農業・自動運転・防災・防犯・災害復旧・インフラ点検などIoT・5Gの活用が期待される様々な新規領域で、早期提供を目指していくそうです。

両社の取り組みの一環

高精度測位サービスを活用した森林資源量調査


出典:KDDI

概要

兵庫県と神戸市が連携して進めている「ドローン先行的私活用事業」のうち、「ドローンを用いたレベル3飛行による森林資源量調査の実施」をKDDIと国際航業株式会社で共同で受託。

2020年2月26日に実施した、無人地帯での補助者なし目視外飛行(レベル3飛行)による森林資源量調査において、KDDIとジェノバは高精度測位情報サービスを活用。

調査内容

樹高や立木本数調査などの森林資源量調査について、以下2点を検証。

1.ドローンを用いた空撮調査の優位性(安全性、効率化、高精度化)
2.レベル3飛行による遠隔地調査の効果

調査目的

兵庫県庁から約70km離れた宍粟市のドローンを遠隔操作し、同市の森林を高精度測位情報配信サービスを活用した位置精度が高い画像で撮影することで、森林資源解析用データの効率的な作成に寄与することが確認されたそうです。

太陽光発電システム構築における地形データの測量


出典:KDDI

概要

京セラコミュニケーションシステム株式会社が建設を予定している栃木県大田原市の太陽光発電システム構築現場において、KDDIとジェノバは高精度測位情報配信サービスを活用したスマートドローンによる写真測量を実施し、その効果について確認。

実施内容

KDDIのスマートドローンプラットフォームを用いた写真測量の実施、および既存測量手法との位置精度・実施コストを比較。

実験結果

取得した空撮データにより、3Dモデルを作成し土量計算を行うための施工管理に必要な等高線データの作成を行いました。また既存手法である航空レーザー測量と比較して、同等の測量精度を約2割のコストで実現可能であることが確認されたそうです。

まとめ

GPSだけでは建物等の影響で精度に問題があるばかりか最悪は位置情報が計測できないといった事態になる場合があります。その部分を解決できるGNSSですが、GPSよりも多くの衛星からの電波が受けられるため、自らの位置が分かる仕組みになっています。

日本の準天頂衛星システムの「みちびき」は常に日本の上空に位置するように現在は4機(最終的に7機になる計画)がローテーションしている為、安定した精度の測位が可能になっています。

今回ご紹介した「ジェノバ」社では「JENOBA方式」というGNSSサービスを提供しており、GNSS衛星測位に対し、補正アシストをかけることでより高いセンチメートルの精度を実現。KDDIと組むことでさらなる精度が得られそうです。