こんにちは。産業用ドローンといえば比較的大型のイメージがありますが、業界によっては人が入れないような狭小空間を調査する必要もあり、そこをドローンで調査する場合は当然小型で高性能ドローンが必要になります。

そんな小型ドローンを開発している「株式会社Liberaware」が、JR東日本スタートアップ株式会社と「JR東日本スタートアッププログラム2019」の一環として、Liberawareの世界最小クラスのドローン「IBIS(アイビス)」を活用した新たな点検手法の実証実験を行ったとのこと。

JR東日本スタートアッププログラムとは
ベンチャー企業や様々なアイディアを有する方々から、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案を募り、ブラッシュアップを経て実現していくプログラム。<<詳細はこちら>>

JR東日本新宿駅における天井裏点検の実施について

小型ドローンの「IBIS」によってJR新宿駅の駅舎天井裏を撮影した後、その動画から配管やケーブルなどの計測や3D化に成功。また天井裏の状況確認業務について、ドローン活用の有用性や業務効率化の可能性を確認することができたとのこと。

今後はより精度を高めるための検証を行っていき、人が直接入れない場所(高い・狭い・危ない)の点検においての作業の負担軽減や生産性向上に繋がる新たな点検手法の確立を目指していくそうです。


出典:JR東日本スタートアップ株式会社

設備点検用小型ドローンIBIS

・サイズ:190×180×50mm(プロペラガード込み)
・重 量:170g(バッテリー込み)
・飛行時間:最大12分
・装備類:LED照明、防塵モーター、独自設計のプロペラ他
・狭小空間でも安定して飛行することのできる性能を特徴とする

現在、製鉄会社や電力会社、石油化学コンビナート等の大型プラント設備を保有する企業を中心とし、煙突内、配管内、ボイラー内などの点検用途にて活用されている。

実証実験の詳細

背景

駅舎などにおけるの改良工事やメンテンナンスは、電車の終電から始発までの限られた時間内でしか実施することができず、作業をいかに短時間に効率よく行うかが重要ポイントとして挙げられます。

しかし、天井裏の点検はこれまで天井面を一つずつ外しながらの作業であるために、作業に非常に時間を要する業務の一つになっており、改善が急務となっていたそうです。

実証実験項目

実際の駅舎の天井裏を飛行させ、どのスペースまで飛行できるか、撮影した映像は点検に資するレベルのものであるか等をジャッジ。合わせて、IBISが撮影した動画をもとに点群データを生成し、これにより距離計測や図面化の作業が効率化できるかの確認を実施。


出典:JR東日本スタートアップ株式会社

まとめ

駅の狭小空間の点検といえば、以前Osaka Metroの駅舎の天井裏点検に「アイ・ロボティクス」のマイクロドローンを導入したというニュースがありました。

OsakaMetroが駅の天井内点検にマイクロドローンを導入

2020.02.07

限られた時間で天井面をひとつひとつ外して点検していくという手法は、流石に大きな労力がかかります。ドローンの導入でいかに省力化が可能になるかが分かりますね。

今後は駅舎の天井裏はもちろん、様々な狭小空間におけるドローンの活用はスタンダードになっていきそうです。