こんにちは。以前にSONYのPCブランドVAIO(ヴァイオ)の譲渡を受け設立されたVAIO株式会社がドローンソリューションを提供を行う子会社として「VFR株式会社」を設立したという話題をご紹介しました。

また、先日はセンシンロボティクス株式会社自律制御システム研究所(ACSL)が、BtoB向けのドローンソリューションの構築と、社会実装に向けた連携を開始したという話題をご紹介。

今回はこの「VFR株式会社」と「ACSL」が用途別の産業用ドローンを共同開発すべく、協業を開始したとの発表がありましたのでご紹介いたします。

産業用ドローンの本格的な普及のための課題解決目指す

VFR株式会社(VFR)は、株式会社自律制御システム研究所(ACSL)と日本国内市場向けの用途別産業用ドローンの機体開発において、2020年5月より協業を開始。

今回の協業を皮切りにVFRではドローン産業発展のためのエコシステム構築に向け、その他にも様々なパートナーシップの構築を随時検討し実施していくそうです。


出典:VFR株式会社

協業背景

産業用ドローンの本格的な普及のための課題解決

VFRはドローンによる社会インフラの革新を推進・加速する機体およびコンポーネントの開発、ソリューションの提供を行うことを目的に2020年3月に設立。

親会社のVAIO株式会社のPC事業で培った高度な設計・製造技術や国内外のサプライチェーンのマネジメント能力等の強みを活かし、多様な関係者とのオープンな協創を通じ、ドローンの可能性の拡張と発展を目指しています。

ACSLは高い画像処理・AI技術による最先端の自律制御システムを有し、高性能なドローンの開発から販売までを担う、国内のドローン業界を牽引する企業。

今後、コアとなる独自技術の開発に投資を行い、量産モデルをよりスピーディーに市場に投下すべく積極的に外部パートナーと連携する方針を掲げられています。

国内での産業用ドローンの本格的な普及のために

両社は共に国内における産業用ドローンの本格的な普及には、用途別に性能・機能が最適化された社会実装可能な量産機体及びソリューションの開発が急務であるという課題意識を持っています。

今回、両社の知見や技術的な強みを掛け合わせることで、その解決により大きく貢献していきたいという考えが一致したことで、協業が実現したそうです。

協業概要


出典:VFR株式会社

VFRのコンピューティング技術・ロボティクス技術とACSLの機体開発技術・自律制御技術等を活用し、ACSLの既存機体(PF-2,MINI等)のアップデート並びに用途別に最適化した新機体の共同開発を行い、2021年以降の順次導入を目指すとのこと。

加えて機体開発にとどまらず、高度な産業用ソリューションを開発していくことも視野に入れて、共同で調査・検討を開始するそうです。

まとめ

国内のドローン関連開発会社の協業が加速している印象です。日々様々なソリューションがリリースされるドローン分野ですが、産業分野においてのドローンの活用は急務となっているため、今回のような協業は増加していくと思われます。

機体だけでなく調査・検査のソリューションも開発していくとのことで、今後の動きに注目したいですね。

 

スギテックのソリューションは以下よりご覧いただけます

ドローン外壁調査診断