こんにちは。ドローンを自律飛行させる際には、障害物との距離や経由ルート等の認識が不可欠です。しかし、その場所が屋内などの閉鎖空間となると話は変わってきます。

屋内での自律飛行の障害となるのがGPS電波の問題。GPSが不安定だったり遮断されてしまっている屋内では、自律飛行自体ができないケースが多くあります。その為、昨今ではGPSに頼らない自己位置推定技術の「SLAM技術」が研究・活用されています。

SLAM技術とは
Simultaneously Localization and Mappingの略で、自己位置の推定と環境マッピングを同時実行に行う技術のことです。移動しながら地図の作成を行い、同時に自身の位置を推定します。

今回ご紹介するのはそんなSLAM技術を使わず、マーカーを用いてドローンの自律飛行を可能にするというシステム。そしてそのシステムを開発している「株式会社Spiral」がシードラウンドの資金調達を実施したという話題。

非SLAM屋内型ドローン自律飛行システム開発のSpiralがシードラウンドの資金調達

屋内特化型のドローン自律飛行システム「MarkFlex®Air」を開発する株式会社Spiralが、シードラウンドにて合同会社テックアクセルベンチャーズMiraise LLC、および静岡キャピタル株式会社を引受先とする資金調達を実施。


出典:Spiral

調達背景

Spiralが開発提供する「MarkFlex®Air:MFA」は、屋内などのGPS電波が届かない環境でも独自の特許技術によるマーカーを用いることで、ドローンの自律飛行を可能にするというシステム。

この度の資金調達によって、今後エンジニアを中心とした人材採用と陣容拡大を行い、開発居拠点の整備を進めるとともに、ユーザー各社の現場要求を満たすシステム開発の加速と開発体制の強化を行うとのこと。

この資金を活用し、同社では「屋内の自律飛行ドローンの導入を検討している現場技術者の救世主となる」というミッション実現に向け進んでいくそうです。

非SLAM屋内ドローン自律飛行システム「MarkFlix®Air」

このシステムの構成は、既存のドローンフライトコントローラーにワンタッチで取付可能なモジュールとマーカー、自律飛行運用ソフトウェアとなっています。

フライトコントローラーはドローンの基本的な制御を行い、MFAは非GPS環境下でのドローン自律飛行を実現します。


出典:Spiral

マーカーで無線操作もマッピングもAIも不要に

MFAは、機体とマーカーだけで完結する仕組みなので、無線による飛行制御が不要。無線通信不良及び、干渉による墜落を防止でき、より安全に利用することが可能。


出典:Spiral

マッピングもAIなどの複雑な技術もない為、現場での操作も簡単で専門知識を必要としません。

今後の展開

同社では、今回の資金調達によって以下プロダクト開発とビジネス開発の両面を進めていくとのこと。

1.建築/土木領域において活用できる非GPS環境におけるドローン自律飛行技術の開発
2.ユーザー各社の現場における実証実験(PoC)および共同開発の推進
3.システムインテグレーター、センシングおよび光学系などを中心としたソリューションパートナー企業の開拓とアライアンス構築


出典:Spiral

まとめ

屋外での自律飛行に関しては大きな問題とまではいかないGPSでの自律飛行ですが、屋内に関しては勝手が違ってきます。このSLAMすら必要としないシステムは大変有用なものになりそうですね。

マーカーを使用するという単純なものなので簡単であることはもちろん、ドローンの機体などに依存しないところもポイントとなっています。

屋内でのドローン調査に関してはこれからもどんどん増えてくることかと思います。特に物流施設の床面などの調査に関しては多くの需要が見込まれることでしょう。