こんにちは。データの保管や共有などへの活用にクラウドサービスを活用するのは最早当たり前の時代。昨今ではドローンなどで撮影した映像データや点群データ等をクラウドへアップロード。

そのデータをそのまま解析したりオルソ画像を生成したりというように、データを持ち帰ってやる必要がないクラウド側でそのまま処理できるサービスも多く出てきています。

本日はそんなクラウドサービスを運営する2社、「エアロセンス株式会社」「福井コンピュータ株式会社」が展開しているクラウドサービスが連携を開始したという話題。

ドローン向けクラウドサービスとデータ共有クラウドサービスの連携

産業用ドローンのソリューション等を開発するエアロセンスは、建設業向けCADメーカーの福井コンピュータのデータ共有クラウドサービス「CIMPHONY Plus(シンフォニープラス)」と、同社の運営する「エアロボクラウド」との連携を開始。

エアロセンスのエアロボクラウドとは

自立型無人航空機とクラウドサービスを組み合わせた、産業用ドローンソリューションを手掛ける同社の提供する、ウェブブラウザのみで利用可能な測量や点検などのドローン業務をサポートするためのクラウドサービス。

大容量の撮影データやフライトの管理、点群や3Dメッシュを作成する写真測量処理など空撮画像処理で必要とされる一連のワークフローが簡単に実行可能。


出典:エアロセンス「エアロボクラウド」

国土交通省では「ICTの全面的な活用(ICT土木)」等の施策を建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図る「i-Construction」を推進し、公共事業におけるUAVを用いた3次元測量の普及とともに、図面や施工管理における3Dデータへの対応が必要になってきています。

この度のデータ連携によって、i-Constructionで定義される一連のデータ作成ならびに解析プロセスがより一層容易になり、3Dデータ活用による大幅な業務効率化を実現できるとのこと。

連携のポイント


出典:エアロセンス

・ドローンによる3D点群データの生成を担う「エアロボクラウド」から、WEBブラウザ上で「CIMPHONY Plus」の3次元地図上に3D点群データの送信が可能。

・クライアントアプリケーションを必要とせず、WEBブラウザ上のみの環境で、3D点群データによる形状の確認ほか、土量計算や進捗確認可能に。

・遠隔地にいる複数の関係者においても、即座に現場状況の共有ができるようになり、飛躍的な業務効率化を実現できます。

連携のフロー

・エアロボクラウド側に、CIMPHONY Plusへのデータ送信機能が追加されます。

・CIMPHONY Plus側に、認証・現場選択・ファイル登録を行うウィザードが追加。

・点群ファイルはAPI連携により取得。


出典:エアロセンス

CIMPHONY Plusについて

福井コンピュータが2019年9月にリリースしたデータ共有クラウドサービス。クラウド上に3次元地図を表現し、地図上で3次元設計データや点群データ、工事写真データなどを、時間軸と位置情報で管理できるサービスです。

受発注者間や関連業者間において、WEBブラウザのみの環境で一連の工事状況の「見える化」を実現。持続的なインフラマネジメントを支援するデータ流通基盤として広く運用されることを目標としています。

まとめ

こちらの連携に関してですが、4月14日(火)より、エアロボクラウドの標準機能及び、CIMPHONY PlusのProfessionalプランとして追加がされているとのこと。

また、エアロボクラウドと福井コンピュータの3D点群処理システムの「TREND-POINT」間においては、2018年5月に連携対応済みとのことで、今後も両社製品間におけるデータ連携を推進し、建設業界における業務の効率化に貢献していくとのこと。

この両社クラウドサービスのポイントは、WEBブラウザのみで各種データなどが扱える部分。通常は専用のソフトウェアなどで利用することが多いですが、ウェブブラウザで利用できるということは、どこにいてもインターネットにさえ繋がれば利用が可能ということ。

機能はもちろんですが使い勝手の部分でも大きなメリットのあるサービスといえます。