こんにちは。昨今、話題に事欠かないAR技術。建設業界や土木業界においても建物の検査や測量などにARを活用する事例が色々と登場してきています。

本日は、建物や施設、設備、インフラなどの検査・点検箇所をARを用いて記録、見える化できる「Pinspect(ピンスペクト)」というアプリのニューバージョンがリリースされたとのことで、そちらをご紹介していきます。

「株式会社エム・ソフト」が開発した、この「Pinspect」ですが、現場の検査箇所、指摘箇所に対してARでピンを貼り付け、可視化することができるというアプリで、以前にご紹介したことがあります。

現場の検査報告を楽にするARシステム

2018.10.18

今回新しくなったという「Pinspect」には、従来の平面図では分かりにくかった指摘箇所(ピン)の高さ情報がひと目で分かる3D表示機能など、複数の機能が新たに追加。

また、新発売されたLiDAR搭載の新型iPadProにも標準対応し、従来機種よりも高い精度でピンの配置や3次元情報の記録が可能になっているとのこと。

指摘箇所の高さまでひと目で分かる3次元表示機能

同社では、建物・施設・設備・インフラなどの検査・点検箇所をARで記録し、可視化するアプリ「Pinspect」の新バーションとなるVer.2.2.0をリリース。

Pinspectとは

このアプリは、検査・点検箇所をAR(拡張現実)で記録、可視化するアプリ。対象箇所の3次元座標を取得し、デジタル付箋(ピン)として空間上に可視化。

写真やメモを座標と紐付けて保存することで、現場情報を図面やエクセル形式のレポートとして出力することが可能なアプリです。

新バージョンの追加機能:ピンの3D表示機能

Pinspectでは、記録した3次元座標を基にピンの位置を図面に自動反映させることができます。従来では2Dの平面図を前提としていた為、「高さ」の情報を確認することはできなかったそうです。

しかし今回追加された「ピンの3D表示機能」を利用することで、平面図では表現できなかったピンの「高さ」情報がひと目で直感的に確認することが可能になっています。

ピンチイン/アウト操作で拡大・縮小したり、回転させて違う角度から見たりといった操作も可能となっています。

LEDライトも利用可能

iPhone、iPad等に搭載されている、背面のLEDライト(TrueToneフラッシュ搭載機種)を点灯させることで、暗い環境にある現場の中でも明るく照らして撮影を行うことが可能に。

建物内などでは光量が足りないことで認識が悪くなる可能性がありますが、機種に搭載されているLEDが使えることで、他に光源を持たなくても済むのは手軽ですね。

新型iPadProに搭載されたLiDAR対応

先日発売となったiPadProに搭載されているLiDARにも対応。LiDARにより周辺環境の認識速度が大幅にスピードアップし、また、周辺の形状に合わせてピンが安定的に表示できるようになるなど、大幅な精度の改善がなされています。

LiDARとは
Light Detection and Ranging(光検出と測距)の略。発光した光が物体にあたり、反射して戻ってくるまでの時間を計算することで、対象物までの距離を算出する技術。

まとめ

現場の調査箇所などに直接ARでピンをつけることができるこのサービス。以前の物では平面的にしか落とし込みができませんでしたが、高さ情報にも対応したことで利便性はさらに上がっているでしょう。階層のある建物などでは特に活躍することだと思います。

また、図面とも紐づけられるので、どの位置のどの箇所なのかがひと目で分かるのもポイントですね。これは建物の劣化調査に限らず、ビルメンテナンスや設備点検などで活躍しそうです。