こんにちは。建築物の外壁診断や、土木における測量などにも活用されているドローンですが、自宅の屋根の点検など個人レベルで使う人も出てきているようです。

正直、個人で撮影した所でそのデータを活かすのは難しいですし、それ以前に自宅であれ法令面をキチンとクリアしていないといけないので200g以下のドローンだから良いだろう、という安易な考えでは色々と問題があります。

そんなドローンを使った点検ですが、「大東建託株式会社」のグループ会社でアパートやマンション、ビルなどの管理運営を行う「大東建託パートナーズ株式会社」が屋根点検にドローンを活用するという発表がありました。

不具合を早期発見。維持管理サービスの精度向上を図る

この発表ですが、3月23日(月)より大東建託パートナーズの管理する賃貸建物の屋根点検において、建物の維持管理力の向上のためにドローンの活用を開始するというもの。

従来、建物の屋根の点検に関しては目視での点検が主となっていますが、目視では点検がしづらいことから破損箇所を不具合発生前に見つけるということが困難でした。このサービスではドローンを活用し、上空から屋根点検をすることで破損箇所を早期発見することが可能となります。


出典:大東建託パートナーズ

また、点検で利用するドローンは赤外線カメラも搭載しており、屋根に設置された太陽光パネルの断線といった目視では分からない不具合も、電圧抵抗により発生する熱を検知し発見することが可能です。

ドローンの活用でいつでも安全な屋根点検が可能

同社では、賃貸建物の完成後、2ヶ月に1度の頻度で建物の点検(定期点検)を実施し、「建物定期報告書」としてまとめ、建物オーナーへ郵送しているとのこと。定期点検は適切なタイミングで適切なメンテナンスを行うことで、管理建物の耐久性向上と品質維持を図るためのものです。


出典:大東建託パートナーズ

定期点検の際に、外壁や雨どいの破損といった建物外周に足場を組む必要のある修繕箇所が見つかった場合、その機会を利用し高所から屋根点検を行っていたそうです。


出典:大東建託パートナーズ

しかしドローンを活用することで、今後はいつでも点検をすることが可能となります。足場と違い高所作業も不要になるので、点検作業の安全性も向上します。

赤外線カメラが太陽光パネルの不具合を速やかに特定

点検に使用するドローンは赤外線カメラを搭載しており、賃貸建物の屋根に設置された太陽光パネルの表面温度分布画像を撮影することが可能です。


出典:大東建託パートナーズ

これにより目視ではわかりづらい断線などの不具合を発見することが可能になります。また、点検の際に発電を停止させる必要もないので、効率的な点検を実施できるようになります。

修繕費は30年間オーナー負担ゼロ

一般的な一括借上げサービスは、修繕費を管理費とは別にオーナーの負担となる場合が多くあります。しかし、同社の提供する「フルパッケージプラン」では、30年目まで(31年目以降はオーナー負担)1建物の維持・保全のための修繕費は修繕コストを徹底管理することで、オーナーに代わり同社グループが負担。

定期点検による修繕の早期発見と早期対応、修繕メンテナンスを低減する建物プランの採用、耐久性の高い資材の導入など、賃貸建物管理戸数全国No.1のスケールメリットを活かした、効率的で計画的な修繕を実施することでコストダウンを実現しているとのこと。

まとめ

大東建託グループをはじめ、多くの賃貸建物やビルなどを管理している企業にとって、資産価値の維持向上のためのメンテナンスは非常に重要なポイントです。そして何より資産価値の向上も大事ですが、利用者が快適に利用でき安全であること。

従来の点検では足場を組んだ高所作業となっていたようですが、ドローンを活用することでその手間もコストも作業効率も大幅に改善されます。そして何より安全性の高さは言うまでもありません。

業界ではマンション建築大手の長谷工コーポレーションが、SONYとZMPの合弁会社であるスタートアップ企業のエアロセンスと協力し、点検のみならずBIMやVRなど様々な取り組みを実施しています。

今後はこうした点検へのドローン活用は一般的になり、さらに技能者不足や高齢化によるニーズの多様化など業界の様々な課題を解決していく方向へ向かっていくのは間違いないでしょう。