こんにちは。何度かこのブログでご紹介してきた、BIMオブジェクトを無料で利活用できる丸紅アークログ株式会社が運営する、BIM総合検索プラットフォームの「Arch-LOG(アーキログ)」

「Arch-LOG」とは、建設業などのあらゆる工程で、飛躍的な効率化と精度向上を可能にするBIMオブジェクトを検索できるBIMオブジェクトの総合プラットフォームで、これまでに「大林組」「梓設計」がアライアンス契約を締結し、BIMオブジェクトの拡充に推進されてきました。

さらにここに「前田建設工業」が加わるとのことで、さらに「Arch-LOG」の拡大、BIMオブジェクトの拡充が進んでいきそうです。

前田建設工業と丸紅アークログがBIMオブジェクト拡充に向けたアライアンス締結

前田建設工業株式会社と、建設業のあらゆる工程において飛躍的な効率化・精度向上を可能にするBIMオブジェクト※の総合検索プラットフォーム「Arch-LOG」を運営する丸紅アークログ株式会社は、BIMオブジェクトの総合検索プラットフォームArch-LOGを介し、BIMオブジェクトの拡充と同プラットフォームの活用を目的としたアライアンスを昨年10月29日付けで締結。

ということで、既に昨年10月には締結していたようです。大林組が10月20日前後だったので、ほぼ同時期だったということになります。

BIMオブジェクト
コンピュータ上に作成した3次元の形状情報に加え、室等の名称、面積、材料・部材の仕様、性能、仕上げ等、これら建築物の属性情報をあわせ持つ建物情報モデル。

ポイント

・前田建設工業株式会社と丸紅アークログ株式会社がパートナーシップ契約を締結

・建設業界のデジタル化が進展。特に高速で3Dの可視化を可能にするBIMを利用した設計が急務

・BIMオブジェクトの総合検索プラットフォーム「Arch-LOG」を全社的に活用

・建設業界でのデジタルトランスフォーメーションを積極的に推進

・建設業界全体の働き方改革にも寄与

Arch-LOGを介したBIMの有効活用へ。業界発展と働き方改革への寄与を目指す

建設業界におけるデジタル化の波により、高速で高精細のCG作製を可能にするBIMの活用が急務となっている昨今、前田建設では、設計・施工の品質担保・向上だけでなく、AIやIoTと連動した新たな技術の創出、施工段階における総合的な干渉チェック、建築物のファシリティマネージメントなどを目的とし、Arch-LOGを介してBIMを有用なツールとして取り入れ、活用するとのこと。


出典:前田建設

同社ではこの度のアライアンス締結により、今後全国で設計・施工を行う物件についてBIMの活用を促進し、コスト低減などで一層の競争力を図るとともに、業界全体の発展と働き方改革への寄与を目指します。

まとめ

Arch-LOGプラットフォームには、大林組、梓設計、前田建設が加わりました。これで益々プラットフォームが充実してくるのは間違いありません。

今後BIMの有効活用を考えている企業にとって、整備され充実したプラットフォームがあるというのは非常にありがたいことです。この調子で行けばまだまだパートナーとなる企業は増加してきそうですね。